Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

モンゴルと日本が親しい理由は何でしょうか?

モンゴルと日本が親しい理由は何でしょうか?

阪神淡路大震災

ンゴルと日本とは民族的にも心情的にも近いものがあります。

ずっと以前、モンゴルがソビエト共産党の支配下にあるときから、
経済交流、文化交流ともに緊密な関係を維持してきました。

今だったら、悔しいですが相撲の世界でモンゴル勢が
大きな人気の原動力になっています。

日本とモンゴルとの関係の深さを感じさせてくれるこんな出来事があります。


1995年1月22日、定期航空路がないはずのモンゴルの旅客機が、関西空港に到着しました。

乗っていたのはモンゴル国の「副首相」です。

そして、毛布2100枚と手袋500枚。

これは、その5日前、1月17日に起こった阪神・淡路大震災の救援物資でした。



阪神・淡路大震災のニュースを聞いたモンゴル政府は、
21日に臨時閣議を開き、救援物資を送ることを決定します。

ただ、決まったのは単純に「送る」という行動ではありません。

ここが普通の政府の決議と異なるところです。

それは・・・

以下、全文ともにホームページでご覧ください>>>

なぜわざわざ副首相が救援物資を運んできたか

モンゴル力士、大相撲で活躍

一般に政府の決議から、一定の支援活動に至るまでには、あれこれいろいろ手続きや時間で手間取ることが多いものです。

このときのモンゴル政府の決議は「送る」ということだけでなく、
一刻も早く届ける」ということが加えられました。


そのため、わざわざ政府特別機を準備して、「副首相」が直々に支援物資を届けてくれたのです

関西空港で出迎えた外務省の職員は、感謝の気持ちを伝え、長旅の疲れを癒してもらおうとしました。


しかし、副首相は「長居をして迷惑をかけたくない」と、90分ほどの滞在で帰路に着いたそうです。

ソビエト崩壊後、自由主義国家を目指すモンゴル国に、大きな支援を続けてきた日本。

その感謝の気持ちもあったのでしょう。

この出来事は「支援へのお返し」ではなく「困難に遭っている友を救いたい」という思いがあってこそだと思います。


9月ですね・・・。また国技館で相撲の場所が始まりました。

モンゴル勢の圧倒的強さに、日本人力士の発奮を期待する私たちではありますが、
あらためて、こんな日本の国技大相撲に溶け込んで、体を張ってるモンゴル出身力士たちにも声援を送りたくなってきませんか?


読者投稿記事募集

ただ今、読者様の【ちょっといい話
記事募集中です。
詳細はこちらでご案内しています>>>
掲載に採用させていただいた方にはQUOカード(500円)を提供致します。


おひとり様、何回投稿でも結構です。
どうぞお気楽にこぞって、ご参加ください(^^)/


いいねfacebook



rss最近の記事

最新の10件


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional