Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

息子にかわってありがとう!

息子にかわってありがとう!

ハンバーガーショップ

れは、もう10年以上前のことです。

その日の朝、入院していた15歳の息子が、ハンバーガーを食べたいと言うので、病院の近くの銀座の裏通りにあるハンバーガーショップに行きました。

店に入って、息子に言われたものを注文すると、若い女性の店員さんが、

「11時までは朝のメニューなので、ほかのものではいけませんか?」

と言う。

私がちょっと困った顔をすると、彼女はこう言いました。

全文はホームページでご覧ください>>>

マニュアルも大事かしれないけど、接客してるのは人間

画像の説明

ょっと待っていただければ、すぐお作りします」

彼女はそう言って、11時までまだ30分ほどあるのに、準備を始めました。

このようなチェーン店では、すべてマニュアル通りに
受け答えするものと思っていた私は、とてもびっくりしました。

作ってもらっている間に、息子が入院していることを彼女に話しました。

注文したハンバーガーを受け取り、店を出ようとする私に、店の奥から彼女が、

おだいじに

と声をかけてくれました。

私もびっくりしましたが、店にいたほかのお客さんも振り返っていました。

すごく感激して病院に戻って、息子に袋を渡すと、

「お父さん、こんなものが入っているよ」

と袋の中から1枚のカードを取りだしました。

そこには、こんなひと言が書かれていました。



早く元気になってくださいね



悪性の腫瘍のため、それから半年後、息子は16歳で早世しました。

2年間の闘病生活のなかで、たくさんの人々から励まされましたが、
この出来事は今も思い出されてなりません。



参考本:涙が出るほどいい話 第4集 出版:河出文庫 「小さな親切」運動本部編



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional