Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

人よりのんきな娘が、やがてママを強くしました

人よりのんきな娘が、やがてママを強くしました

画像の説明

【人よりのんきな娘が、やがてママを強くしました】


人の娘は、少し知能の発達が遅く、小学3年の時から養護学校に行きました。

最初は学校が変わっても、近所の友達が遊びに来ていました。



ところがある日、一番仲の良かった子が思いがけないことを口走ったのです。

「ゴメン、もう遊べないんだ、遊んじゃいけないって、

 ママに言われたから。一緒にいるとバカになるって」



その子に悪気も何もなかったのです。

親から言われたままをストレートに告げたのでしょう。

友人も少し離れたところで聞いていて、一瞬耳を疑い、

次の瞬間、娘の表情を見ました>>>

可哀想な子への思いはますます沈んで・・・

は、「じゃあ、またね」と言って、ニコニコして友達に手を振ったそうです。

ああ、言葉の意味が分からなかったんだな・・・と友人は思ったそうです。

もう遊べないのに、この子は友達を失ったことすら理解できないんだと、

悔しくて悲しくて泣いたそうです。



言われた言葉の残酷さにボロボロに傷つき、

そして娘は、この先どこまで社会に適応できる力を養えるのかと、

不安が恐怖になり、不眠症が始まったそうです。



何度一緒に死ぬことを考えたかわからない…と、

私も後から聞かされました。

安定剤がないと日常生活が送れないまでになりました。



それから、半年が過ぎた頃、授業参観で子供たちが作文を披露しました。

娘はこう書いていたそうです。



「○○ちゃんが、私をバカだと言った。

 私はそれを聞いたママがかわいそうでした。

 私がバカだから、ママが悲しみました。

 私のママはきれいで優しい人です。ママを悲しませないでください」



友人はこの日を境に、強い母親になることを心に決めました


それまでの、クヨクヨした自分に決別し、

とにかく娘を宝物だと自慢して、行くところ全てに同伴させました。

いろんな人と会わせました。勉強も一緒に取り組みました。



あれから12年。



成人式を迎え、いい人たちに出会って、

現在、娘はパン屋さんで働いています。



友人は言います。



この子は知能が遅れているのじゃない。

怒りという感情を持ち合わせていないのと、

人よりのん気なだけなんだと。

娘の焼くパンは、世界一おいしいんだ!と。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional