Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

これからお年頃を迎える娘へ、父からのこっそりメッセージ

これからお年頃を迎える娘へ、父からのこっそりメッセージ

画像の説明

【これからお年頃を迎える娘へ、父からのこっそりメッセージ】


曜日の夕刻、カッターシャツに手を通し、

ネクタイを結びはじめると、君はいつも泣き出した。

幼心に、お父さんがネクタイ姿になると、

会えなくなることを知っていたんだね。

泣きじゃくる君を、駅のホームに残したまま動き出す特急有明。

1人腰かける車内はせつなかった。



本当につらかったよ。



福岡空港から羽田に飛び、

眠ることを知らない若者達で溢れている渋谷駅に降り立つのは、

だいたい11時頃。

ハチ公口に出て、喧騒の街を通り抜けながら、

意識を仕事モードに切り替えるのが、そのころの習性だった。



ある時、泣きじゃくる君の姿を見るのがつらくて、

君が寝ている間に、こっそり東京に戻ったことがあった。

後で、目を覚ました君は、お父さんをずっと探しまわり続けて

大変だった、とお母さんから聞いた。



それからは必ず「お父さん、今から東京に行くからね」

と泣きじゃくる君に伝えることにしたんだ。



でも、この期間に、お父さんは君から

最高の幸せをプレゼントしてもらったんだよ。

君はおそらく、もうすっかり忘れているに違いない>>>

これ以上の幸せなんてない、心からそう思った

れは、ある金曜日の夜、

いつもより早い便で帰ることができたときのことだった。

君がまだ起きている時間に家に着いた私は、

大きな声で「ただいま!」と言って戸を開けた。



すると、突然帰って来たお父さんを見た君は、

まだ言葉を話せない幼子の君は、

嬉しさのあまり仔馬のかけっこみたいに、

何度も何度も飛び跳ねて喜んでくれたんだ。



あの夜、部屋いっぱいに、君の笑顔と笑い声がはじけていた。



お父さんの存在を、これほどまでに喜んでくれる君、

これほどまでに、お父さんの帰りを待っていてくれた君。

至福の瞬間とはまさしくこのことだ

これ以上の幸せなんてないと、

心からそう思った。



本当に嬉しかった。



あれから時は流れ、君は13歳になった。

シャイで少し生意気にもなったね。

会話も減ってきた。

でも、君がこれからどんな風に成長していったとしても、

お父さんは、あの時の君を決して忘れはしないよ。



どんな時でも君を守っていくよ。



あの頃のように、いつまでも君のヒーローではいられないけれど、

君の父親として、決して恥じない生き方だけは、

これからも貫いていきたい。


参考本:「たったひとつの命だから」ワンライフプロジェクト編



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional