Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

長嶋さん、天覧試合前日の神がかりなイメージトレーニング

長嶋さん、天覧試合前日の神がかりなイメージトレーニング

長嶋茂雄 天覧試合
【長嶋さん、天覧試合前日の神がかりなイメージトレーニング】



日に引き続き、長嶋さんのエピソードです。

長嶋さんと言えば、やはり天覧試合(天皇皇后両陛下を迎えての試合)のサヨナラホームランです。

1959年(昭和34年)6月25日、場所は東京・後楽園球場。

対戦相手は阪神タイガース。

球界初めての天覧試合ということで、
審判団、球団・球場関係者もみな一様に緊迫した空気で、この日を迎えていました。

巨人対阪神は、伝統の一戦であり、
そして舞台は4対4の同点で迎えた9回裏、巨人の攻撃です。


ここで長嶋茂雄選手の登場となります。


迎え撃つピッチャーは、やはり力投型、長嶋を終生のライバルとする村山実投手です。

これ以上の見どころはないというような場面です。

ところが、両陛下が野球観戦できる時間は、21時15分まで。

もうタイムリミットは、あと10分無いというところでした。



『4番・サード長島』



長嶋は、実はこの日に至るまで、あまり調子よくないスランプの日が続いていました。

そして、この日の前日のことです。



長嶋選手は、布団にちゃんと正座して、枕元のバットに頭を下げて祈りました。

「明日はいい場面で打たせてください」

そして迎えたこの場面、カウントはツーストライクまで追い込まれました。

追い込んだ村山投手は、5球目、腰をひかせるために、渾身のボールを長嶋選手の胸元に投げました。


長嶋選手は、それを待っていたかのようにフルスイング。

その場面は、動画でごらんください。

天皇陛下も身を乗り出してボールの行方をご覧になっています。


このとき、21時12分。

天皇皇后両陛下が退席されるまで、あと3分というときだったのです。


スタンドは、「バンザイ!バンザイ!」の歓声が轟きました。

なんというドラマティックな星を掴んでいる男でしょうか。長嶋茂雄という人は。



ところで、長嶋さん、この日の前日、バットに祈りを捧げたと述べましたが、
もうひとつ、驚くべきイメージトレーニングをやっているのです。

さすが、というか虚仮(こけ)の一念というか、やはり長嶋さんのスゴサを感じます。

どんなイメージトレーニングだったのでしょうか。

なんという具体的なイメージトレーニング!

村山実

嶋選手、天覧試合に臨む前までスランプであったことは述べました。

だからこそ、やれることはすべてやろうと思いました。

最寄の駅で、ありったけのスポーツ新聞を買いこみました。

手元には、赤、青、黄、緑のマジックを用意しました。

そして、長嶋さんのやったことは、一面のトップ記事を広げ、自分で見出しを書き込んでいったのです。


新聞一紙ごとに「長嶋サヨナラ本塁打」「天覧試合でサヨナラ打」などと。

さらに監督談話まで勝手にマジックで書きあげました。

長嶋の一発に尽きる。さすがにゴールデンルーキー。歴史に残る一発だ

そして、それはすべて現実になりました。

その日、その瞬間を動画でごらんください。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional