Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

深刻な内輪もめに”臆病な”兵士が終止符を打った

深刻な内輪もめに”臆病な”兵士が終止符を打った

ブーゲンビル

プア・ニューギニアの東に、ブーゲンビルという約18万の人々が暮らす島があります。

一時期、この島は内戦状態にありました。

この島には埋蔵量豊かな銅鉱山があり、
この利権を政府とその息のかかった鉱山会社が独占します。

島民は、島の自然は壊されるわ、生活は豊かにならないわで、
独立を求めてゲリラ軍を組織します。



ところが、いつの頃からか、なぜか独立を求める人たちの間で戦闘が起こってしまいます。

どこからか武器が供給され、島民同士が傷つけあいます。

人口18万の島ですから、敵の中に親戚がいるということもありました。

そんな状況に、1人のゲリラ兵が疑問を感じました。

そして、武器の供給経路を調べていくうちに、
自分たちが戦わされていることに気がつきます。



本当の敵は他にいるんじゃないか。誰かがこの戦争で儲けているんじゃないか

死ぬのも殺すのも怖い。戦いを止める方法はないか



そこで彼は仲間を集めある指示を出します。

もう人殺しは嫌だ!やるんならあなたが自分でやってくれ

の仲間に与えた指示はこうでした。


「敵を撃つときには大きく的から外そう」

「逃げるときには建物のあちこちに『WE LOVE YOU』と書こう」


また、敵とばったり出くわしたときには、笑顔で手を振ってから逃げ

平和を望むチラシを配るなどして、不戦の意思を伝えていったのです。



彼の活動は戦線に大きな影響を及ぼしました。

前線の兵士たちが、次第に殺しあわなくなったのです。

そんな状況の変化を見て、彼は内戦を望んでいる人は
ほとんどいないと確信します。



そこで彼は武器を上官に渡すと

私はもう人殺しはしません。あなたが自分でやってください

と告げました。

1998年、島民はパプア・ニューギニア政府と交渉して自治権を獲得。

鉱山会社の営業権を取り消し、島から出ていってもらうことができました。

彼は戦争が終わってこう話したそうです。

私は臆病だから、戦争で死ぬのは本当に怖い。だけど、平和のために死ぬのは構わない


読者投稿記事募集

ただ今、読者様の【ちょっといい話
記事募集中です。
詳細はこちらでご案内しています>>>
掲載に採用させていただいた方にはQUOカード(500円)を提供致します。


おひとり様、何回投稿でも結構です。
どうぞお気楽にこぞって、ご参加ください(^^)/



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional