Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

チームが消滅する。そのとき監督はどう振舞ったか?

チームが消滅する。そのとき監督はどう振舞ったか?

画像の説明

【チームが消滅する。そのとき監督はどう振舞ったか?】



ロ野球の監督として、最下位を経験するのは辛いことだと思います。

その翌年、優勝したりすれば、谷底から山頂に登りつめたような心境でしょう。

最下位の翌年にチームを優勝に導いた監督が二人います。

一人は、お馴染みジャイアンツの長嶋監督。

もう一人は、近鉄バファローズの梨田監督です。

監督就任1年目の2000年は最下位。

2年目の2001年に史上4度目、球団最後のリーグ優勝に導きました。


近鉄バファローズといえば、2004年にオリックス・ブルーウェーブと合併し、

球団が消滅することになりました。

梨田さんは、現役のときから男前で有名でした。

男前の梨田さん、チーム消滅のときの監督としての振舞いも男前でした。

合併の際、近鉄のカラーを残すべく配慮したオリックス側から
ヘッドコーチの転任を打診されました。



当時のオリックスの監督は、ご存じ故仰木彬さんでした。

恩師である仰木さんからも強く慰留されましたが、梨田さんはこう言って残留をお断りしました。

「選手・スタッフやファンがばらばらになり、

 その進路も決まらないうちに、自分一人が残るのは望ましくありません」

そして、シーズン最終戦の前日に、選手を集めて全員に話をします。

その言葉は、最後の近鉄選手たちの心に強く残っているそうです。

最後まで近鉄の選手としての誇りを持つことができました

終戦の前日、梨田監督が選手たちに残した言葉です。


「みんな胸を張ってプレーしろ。お前たちが付けている背番号は、すべて近鉄バファローズの永久欠番だ



その言葉で、近鉄の最後の選手としての誇りを持ちつつ、

選手たちはグラウンドに出て、ファンの声援に応えることができたのでした。



近鉄の解散前の10月15日付けで、梨田さんは退団しますが、

それは、あくまで「近鉄の」梨田としてユニフォームを脱ぐことを望んだためです。

関西球界で根強い人気を持つ仰木さんの下につかないことで、

一部から批判もありました。

しかし、誰よりも恩師の仰木さんが、梨田さんの胸中や立場を理解していたのです。

仰木さんの死後、梨田さん自身も恩師である仰木さんの力になりたかったのが

本音だったことを回顧しています。



感動シリーズ


いいねfacebook


参考サイト:ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional