Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

母の面倒をみているつもりが、守られていた

母の面倒をみているつもりが、守られていた

画像の説明

【母の面倒をみているつもりが、守られていた】


の記事は、現在70歳代になられる女性が、

20年ほど前に認知症のお母様を自宅介護し、

心身疲れ果て、ご本人が入院された、その間に起きた不思議なお話しです。


亡くなる前、3年の間、母は寝たきりで、全く身動きが出来ない状態でした。



入れ歯洗いから、食事の世話、下の世話はもちろんのこと、

床ずれの始末など、多くの一日の作業は朝から晩まで続き、

私の身体は、一日中、きりきり舞いをしていました。



「あなたどなたか存じませんが、ご苦労さまです。よくして下さって…」

何度もそんな言葉を聞かされ、私の悲しみは怒りに変わっていました。

《中略》


そんな年月は、私の気づかぬうちに、私をとうとう病魔にとりつかせてしまいました。

すぐに入院を言い渡されました。

看護師長さんは、私の様子を見て、

「こんなに身体を悪くして、奥さんも大変でしたね。

 しっかり安心して養生をなさってください」と労ってくれました。



その言葉を聞いて、嬉しくなりました。

母を他人様に預けることの後ろめたさがあったからです。

入院して二日間、私は昼夜を問わず、食事をとるのも忘れて眠り続けました。



二日目の夜中、入院中の母の訃報が舞い込んできたのです。

あっという間に、83歳の生涯を閉じてしまいました。



その時、私は一歩も歩けないほどの全身の痛みを抱えていたのです。

葬儀は夫と娘と嫁が無事済ませてくれました。



その後、しばらく経ったある夜のこと、母が夢に現れたのです>>>

北へ北へと向かい、消えて行った母

のそのときの状況は、白血球が一万三千、膠原病。痛みはリウマチ、

その上、気管支炎もありました。

夢に出てきた母は、私の痛い箇所に同じように湿布を貼り、

左足を引きずりながら、全く、私と同じ格好をして現われ、

ゆっくりゆっくり北へ北へと歩いてゆくのです。



私が声をかけても、何の応答もなく、そのまま北の方向へと消えて行きました。

夢は、そこで消えたのでした。

私は不思議な気持のまま、朝を迎えました。

何気なく手首を動かしました。



「あっ、痛くないっ」


思わず、恐る恐る立ち上がり、一歩、足を出します。

痛みがないのです。

左、右と足を運びます。



その時の私の驚きは、どのように言ったらいいのでしょうか。



そんなはずがない。

しかし、歩けるのです。

私は夢中で歩いてみました。走ってみました。

もと通りです。


私は元気になれる。私は死なない。



夢に現れた母の姿は、まさしく昨日までの私の姿でした。

その私の病を、すっかり母は持って、あの世へ行ってくれたのです。



「ありがとう、ありがとう」



私はいっぱいいっぱい、母に礼を言いました。



こんなことってあるのでしょうか。

嘘のような出来事でした。



夢の話は、いつまでも、私の心に残っています。

親というものは、肉体を失くしても、自分の子のことを心配しているのでしょうか。

一人っ子の私は、母の愛情一筋で大きくなったと言っても過言ではありません。

母の大きな深い、愛・心・魂というものを、ひしひしと感じるとともに、

不思議な思いをしています。

参考本:心に残るとっておきの話、第三集 (潮文社編集部)
Kさんのお話し『母の夢』を下敷きにしています。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional