Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

あんた席ゆずってやと言う珍しいおばさんがいた

あんた席ゆずってやと言う珍しいおばさんがいた

画像の説明
【あんた席ゆずってやと言う珍しいおばさんがいた】



日、電車に乗ったところ、Aちゃんとばったり会いました。

Aちゃんとは、かつての同級生でした。

今はまだそれほど目立たないけど、Aちゃんは妊婦です。

妊娠中のあれこれの話をしていたら、

そばに座ってたサラリーマンの方がどうぞと席を譲ってくれました。

ありがたく、Aちゃんをそこに座らせてもらいました。

私がAちゃんの前の吊皮を使って立っていたところ、

恰幅のいい、化粧臭いおばさんが乗ってきて、

あたりを見回した後、Aちゃんに向かって

信じられないセリフを言うのです。



「あんた席ゆずってや」

私が、「この人妊婦なんです、すみません」と言ったら、

少し意地になったのでしょうか、

おばさんは、ムッとした顔でこう言いました。



「あんたまだ若いやないの。すぐ降りるから代わってや」



気まずい雰囲気になって、Aちゃんが席を立とうとしたら、

別の席から声がかかりました>>>

我がままな人は、上げた刀をさやにおさめません

の席の声の主は、近くに座っていた女子高生でした。



彼女は、「こちらの席にどうぞ」と言ってくれました。



おばさんは、ありがとうも言わずに、

憮然とした表情で、その席に座り込みました。


席を譲ったその女子高生。



彼女は松葉づえでした。



後でそれに気づいたおばさん、さすがに気まずい表情でした。

松葉づえの女子高生には、別の人がすぐ席を譲ってくれて、

その人が降りる時、女子高生に、

「あなた偉かったよ」と囁いていました。



たまたま、私と同じ駅で降りた女子高生とそのお友だち。

駅の中のドトールに入ろうとしてました。



ささやかながら、その子たちに、

私はケーキをご馳走させてもらいました。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional