Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ODAで感謝された事例、それは資金援助ではなかった

ODAで感謝された事例、それは資金援助ではなかった

画像の説明
【ODAで感謝された事例、それは資金援助ではなかった】

成17(2005)年の暮れ、麻生太郎氏は、外務大臣としてインドを訪問することになりました。

首都ニューデリーに滞在中、できたばかりの地下鉄を視察し、

その時インドの方々から聞かされた話が忘れられないと語っています。



この地下鉄視察が日程に組み込まれたのは、

日本の政府開発援助(ODA)を使って建設されたものだからでした。

麻生氏が訪ねた駅には、日本とインドの大きな国旗が掲げられており、

日本の援助で作られたということが大きな字で書いてありました。


改札口にも大きな円グラフが表示され、

「建設費の約70パーセントが日本の援助である」と分かるように、

青で色分けしてありました。


その配慮に感激し、麻生氏は地下鉄公団の総裁に御礼の言葉を述べました。

すると、逆にこんなふうな話をしながら、改めて感謝されたのでした。



「私たちは、日本からの資金や技術援助に助けられました。

 しかし、最も感謝しているのは、○○○こそが最大のプレゼントだったのです」

○○○についてのお話に、麻生さん、いたく感激したそうです>>>

今後のODAの参考にしてもらいたい事例

ンドの地下鉄関係者のお話です。

自分は技術屋のトップだが、最初の現場説明の際、

集合時間の八時少し前に行ったところ、

日本から派遣された技術者はすでに全員作業服を着て並んでいた。

我々インドの技術者は全員揃うのにそれから10分以上かかった。

日本の技術者は誰一人文句も言わず、きちんと立っていた。



自分が全員揃ったと報告すると、

「8時集合ということは8時から作業ができるようにするのが当たり前だ」と言われた。

悔しいので、翌日7時45分に行ったら、日本人はもう全員揃っていた。


以後このプロジェクトが終わるまで、

日本人が常に言っていたのが「納期」という言葉だった。



決められた工程通り終えられるよう、

一日も遅れてはならないと徹底的に説明された。

いつのまにか我々も「ノーキ」という言葉を使うようになった。

これだけ大きなプロジェクトが予定より2か月半も早く完成した。

もちろん、そんなことはインドで初めてのことだ。

画像の説明



翌日からは、今度は運行担当の人がやってきた。

彼らが手にしていたのはストップウォッチ。

これで地下鉄を時間通りに運行するよう言われた。

秒単位まで意識して運行するために、徹底して毎日訓練を受けた。

その結果、現在インドの公共交通機関の中で、

地下鉄だけが数分の誤差で運行されている。


インドでは数時間遅れも日常茶飯事であり、

数分の誤差で正確に動いているのは唯一この地下鉄だけである。

これは凄いことだ。

我々がこのプロジェクトを通じて日本から得たものは、

資金援助や技術援助だけではない。



むしろ最も影響を受けたのは、働くことについての価値観、労働の美徳だ

労働に関する自分たちの価値観が根底から覆された。

日本の文化そのものが最大のプレゼントだった



今インドではこの地下鉄を

「ベスト・アンバサダー(最高の大使)」と呼んでいる。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional