Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

老人ホームのエリートとはどんな人たちでしょう?

老人ホームのエリートとはどんな人たちでしょう?

画像の説明

【老人ホームのエリートとはどんな人たちでしょう?】



別養護老人ホーム(特養)と呼ばれるホームがあります。

介護が必要な状態で、自宅では適切な介護が困難な高齢者の方が入所する施設です。


Aさんが、ある特養を訪ねて、園長先生から聞いたお話です。



園長先生がAさんに質問しました。



「Aさん、当施設のように、そのほとんどの方が寝たきりのような状態や、

 よくても車椅子を必要とする老人ホームにも、『エリート』といわれる人がいるんです。

 どんな人がエリートだかわかりますか?」



Aさんは、一瞬思い浮かべました。

お金持ちとか、名誉ある職業を経験した人、知的教養のある人、

具体的に言えば、大会社の社長や重役だった人、大学教授や校長先生だった人、

銀行の頭取、大きい船の船長、もしかしたら、本人ではなくても、

家族にそういうエライ人がいる方なのかと、

Aさんは、そのことを口に出してみました。



そうしたら、園長先生は、笑みを浮かべて説明してくれました>>>

 案外、老人ホームは一般社会の縮図かも

さん、看護を必要とする老人ホームの中にあって、エリートというのは、

 社会的なものとは違います。

 老人ホームの中でのエリートと呼ばれる人は、

 決まって訪れる方がいる老人の方々のことなんです」

園長先生は、こう説明してくれました。



家族の方が定期的に訪れる。

友達や、あるいは同じ趣味を持った人たちがお見舞いにやってくる、

そういう人たちがいる人こそ、老人ホームのエリートというわけです。

「それでは、準エリートと呼ばれる人は、どんな人だかお分かりでしょうか?」

と園長先生。



老人ホームの準エリートとは、

定期的に訪れる人はいないけれども、

贈り物や便りが決まってくる人たちのことだそうです。



Aさんは、思いました。

自分たちが住む世間一般についても、これは当たりではないかと。

老人ホームのエリートは即、実社会でもエリートではないかと思えたそうです。



お金や物、それに名誉や権力。

どれもそれなりの価値を否定するものではありません。

でも、どんなにそれらをたくさん持っていても、

死んで持っていけるものじゃないです。

与えたものだけが残ります。



友情や愛情や親切、目に見えないそれらには価値があるから、

人とのつながりを生み出します。



そんなつながりに重点を置いてきた人こそ、真のエリートではないだろうか、

改めて、Aさんはそこに思いを致しました。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional