Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

【老夫婦の感動実話】俺がぶん殴ってやる

【老夫婦の感動実話】俺がぶん殴ってやる

老夫婦

【老夫婦のお話・俺がぶん殴ってやる】


舎の祖母が入院してるので、実家に数日戻ってきた。

祖母はあんまり長くないらしい。

祖父母は九州に住んでて、

祖父は完全に頑固一徹の昔ながらの親父って感じ。



男子厨房に入らずを徹底して、

晩酌は日本酒(必ず熱燗)

ビール・ワインを、その日の料理と気分で飲み分ける。


当然、すべて祖母が準備。

熱燗がちょっとでもぬるいと、口を一度つけたあと、

「ぬるい」

とひと言だけ言い、



無言で祖母に温めなおすよう指示。


祖母は、「すみません」と言い、

その熱燗を持って台所にいき、温めなおす。

祖父は祖母を怒鳴りつけることはなかったが、

とにかく一貫してそんな態度だった。


小さい頃から

こまごまとよく働く祖母を呼びつけて、

「茶」だの「新聞とってこい」だの召使のように扱う祖父をみて、

なんだか理不尽なものを感じていた。



その反動か、俺は小さい頃から母親の手伝いをよくやったし、

今も家事を積極的に手伝うようにしている。



その祖母が先月いきなり倒れたらしい。





検査の結果、癌発見。



しかももう手遅れで、手術して無駄に体力を奪うより、

このまま・・・という方針に決まった。



仕事が忙しかったので、連休明けて仕事一段落して

長めの休暇もらっていってきたんだが、



実家に帰ってびっくりしたのが、

祖父が連日祖母の病院に朝から行っているらしい。



ほとんど一日病室で、二人で過ごしているそうだ。



病院に行ったら、祖父はいなかったが、

しばらくしたら祖父が返ってきて、

その手には売店で買ってきたプリン。


祖母の食欲が落ちてきたので、

食べやすいものを、と思って買ってきたらしい。



見ていると祖父がよく動く。



カバンから祖母の着替えを出したり、

ちょっとした買い物やなんやと。



俺がそろそろ帰ろうかとしていると、

祖父がいきなり、



そうだ。せっかくだから写真を撮ろう

と言いだした。



祖母が

「こんな痩せて、ガリガリの写真なんて撮らないでください。

 お葬式には、若いきれいな頃の写真を使ってくださいね」

と冗談めかしていうと、


祖父が少し語気を強めて言った。

祖父のひと言が胸にしみました

画像の説明

人だし、飯も食わんのだから、ガリガリは当然だ。

 今のお前がきれいじゃないという奴がいたら、

 俺がぶん殴ってやるよ」と。

祖母は

「まぁまぁ・・・」

なんて笑ってたけど、ちょっと泣いてたんだよな。



なんだかんだ言いながら、

この二人は夫婦なんだなぁと思ったよ。

「ぶん殴ってやる!」と言ったおじいさん、かっこいいと思います。

男はやせても枯れてもかっこよく。

女もお相手様にいつまでも美しいと言われるよう慎ましく。

そんなお話が時代遅れとか言われない未来であってほしいと思います。

いいねfacebook



感動シリーズ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional