Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

国王の座を捨て日本人女性と結婚した元オマーン国王

国王の座を捨て日本人女性と結婚した元オマーン国王

画像の説明


【国王の座を捨て日本人女性と結婚した元オマーン国王】



東、アラビア半島の東端に「オマーン」という国があります。

この国の第6代国王は、日本人女性との恋に陥り、

国王の座を捨てて日本で結婚に踏み切ります。

1935年のことです。その国王はタイム―ルという名前です。


タイム―ル国王は、身分を隠して世界旅行をしていました。

そして日本に立ち寄り、神戸で運命的な出会いを果たします。



タイム―ル国王、ダンスホールで踊ったのがきっかけで、

その女性に一目惚れしてしまったのです。

その女性の名前は、大山清子といい、当時19歳でした。

年齢差は倍ほど違う二人でした。

熱烈なタイム―ルさんのアタックに、

次第に、清子さんも惹かれていきます。



やがて日々を重ねるうち、二人は強く愛し合うようになりました。

愛し合う二人は、当然の成り行きとして、結婚を考えるようになりました。

しかし、当時の環境として国際結婚には大きな障害があります。

中東の結婚相手というのも大変珍しく、

清子さんの両親は猛反対しました。



ご両親は、もしも結婚したいなら、ということで

ある無理難題をタイム―ルさんにつきつけました。



「娘と結婚したいならば、あなたの母国ではなく、

 日本に住んで下さい」

タイム―ルさんは、熟考しました。

無理はありません。自分は、一国の国王の立場です。

国王という絶対的な身分を選ぶか、

それとも外国のうら若い女性を選ぶかの選択です。



結局、タイム―ルさんは国王の座を捨て、清子さんを選んだのです。

国王の座は、弟のサイード氏に譲りました。

この当時としても、そして現在においても、

とても考えられない人生の選択ではないでしょうか。

タイム―ルさんは、母国オマーンで、国王の座を譲渡する手続きを済ませ、

再び、日本に帰ってきました。



出会ってから1年後の1936年、不可能と思われた大きな壁を乗り越え、

二人は遂に結婚にたどり着いたのです。

やがて、二人の間に一人娘が誕生します。

節子という名前をつけました。



このときに、タイム―ルさん、

この結婚は、正真正銘の本気だったことが証明されます。

娘の誕生を祝い、国王の座を引き継いだサイード氏が来日しました。

そして、清子さんは知らされたのでした>>>

愛すればこそ、裸の自分でいたい

の清子さん、それに清子さんのご両親とも、それまで知らなかったのです。

サイード国王の来日により、初めてタイム―ルさんが国王だったことを知ったのでした。

裕福な家柄ということだけは感じていたが、まさか国王という立場だったとは。

その身分を伏せて、清子さんとの結婚を決意したタイム―ルさん。

権威とか身分で自分を飾るのではなく、

裸の自分で愛する人と結ばれたかったのです。



しかし、二人の幸せな生活は長くは続きませんでした。

清子さんは、結婚3年目、23歳の若さで病没してしまいます。

嘆き悲しんだタイム―ルさんは、

兵庫県東加古川市に清子さんのお墓を建て、

母国オマーンに帰国します。


娘の節子さんを、やがてオマーンに引き取り、

ブサイナという名前を与え妃の身分で遇しました。



その後、1941年、第二次世界大戦が開戦となり、

オマーンは英国との関係があるため、

日本とオマーンとは敵筋の国家になりました。

そのために、タイム―ルさんもブサイナ妃も、

ずっと日本との交流を断たれることになります。

そして、清子さんの死後39年が経ち、1978年のことです。

ブサイナ妃は、日本を訪れ、お母さんのお墓参りをすることができました。

そのときのブサイナ妃(節子さん)、

人目をはばからず墓前で泣き崩れたそうです。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional