Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

大ばあちゃんの犬が鳴きやみました

大ばあちゃんの犬が鳴きやみました

画像の説明

【大ばあちゃんの犬が鳴きやみました】

月の引越しのために荷物の整理をしていました。


「これはどうしようか」


主人の手が止まっています。

その手には、電池で動く犬のおもちゃがありました。

それはどうしても捨てることのできない物のひとつだったのです。



5年前のことでした。

大おばあちゃんが、ひ孫である娘に買って下さった物です。

主人の祖母で、いつも元気だし、優しいおばあちゃんでした。



長女2歳の誕生日に買って下さった犬のおもちゃ。

スイッチを押すと、ワンワンと鳴いたりする電動式のおもちゃで、

すっかり娘のお気に入りになりました。

しばらくの間は、どこに行くにもワンちゃんと一緒。

どこかに居なくなると、泣きべそをかく娘でした。



それから間もなく、なんとおばあちゃんはふとしたことで転び、

足を骨折してしまい、入院することになってしまいました。



あんなにしっかりしていたおばあちゃんも、

少し気が弱くなったように見えました。

高年齢のため、入院生活は長く続きました。



娘が3歳になったある日の夜、突然、押し入れの中から、

思い出したかのように犬のおもちゃを取り出し、遊ぼうとしました。



しばらく遊んでいなかったせいか、

ワンちゃんは、歩きも鳴きもしません。

それを見た娘は、まるで火がついたように泣き出したのです>>>

疲れちゃったんだよ。少し休ませてあげよう

人がそれを見て、

「電池が切れているんだよ、取り替えよう」と言って替えました。

しかし、やはりワンちゃんは動きませんでした。

まだ泣きやまない娘に主人が言いました。

「いっしょに楽しかったね。疲れちゃったんだよ。

 少し休ませてあげよう」

なんとか、娘をなだめました。



この時は、何とも思いませんでしたが、

このようなことが、虫の知らせというものなのでしょうか。

翌日の朝、電話での知らせがありました。



主人の母からの電話で、おばあちゃんが亡くなられたとのことでした。



96歳でした。



医者の妻として、おじい様を支え、

貧しいお宅からは診察料ももらわず、家計を切り盛りしていたおばあちゃん。

戦後の貧しい頃だったから、お金の代わりに野菜をいただいたりしていたこと、

自分も聴診器ひとつで、おじいちゃんの往診についていったことなど、

ほがらかに語っていたおばあちゃん。



そんなおばあちゃんの葬儀には、多くの参列者が訪れました。

3歳になった娘も一握りの花を棺の中にそえました。



その時、娘が主人に言いました。



「大ばあちゃんに電池いれてあげて、

 ねえ、大ばあちゃんに電池いれてあげて」



その言葉に耐えきれず、主人も私も目頭を押さえ、

その場に伏してしまいました。




感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional