Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

敵チームからも好かれたスラッガー大杉選手のこと

敵チームからも好かれたスラッガー大杉選手のこと

画像の説明

【敵チームからも好かれたスラッガー大杉選手のこと】

杉勝男選手をご存じでしょうか?



地味ですが、凄味のあるスラッガーでした。

1965年に入団テストで東映フライヤーズ(現・北海道日ハムファイターズ)に入団し、
やがて張本選手とのコンビでОH砲と呼ばれるようになります。

セ・パ両リーグで1000本安打を達成。

両リーグ200本塁打には、たった1本足らずという記録もあります。



スゴイ選手でしたが、引退後、解説者やコーチなどのキャリアを経て、

1992年に満47歳の若さで肝臓ガンにより亡くなりました。


大杉勝男選手が引退した年1983年最後のゲームのことです。

相手チームは巨人軍でした。

ヤクルトの選手が胴上げして、最後に全員で記念写真を撮ることになりました。

ヤクルトおよびファンにとっては微笑ましい光景でした。

そんな光景の中、やはり敵チームからも尊敬されていた大杉選手です。

巨人ナインも誰ひとり帰らず、胴上げシーンとその後の記念撮影を見守っていました。



それに気づいた大杉選手が、一塁側巨人ベンチに向かってこう声をかけたのです>>>

ファンの皆さまの夢の中で打たせてください

杉選手は、巨人軍ベンチに向けてこう声をかけました。

「おい、一緒に撮ろうよ!」


こうして大杉選手の引退記念写真は、なぜか巨人ヤクルト両チームの全員が

ニッコリ笑顔を揃えることになりました。

誰からも愛される、大杉選手らしいラストシーンだったのです。

通算本塁打はパ・リーグで287本、セ・リーグで199本。

前記した両リーグでの200本ホームラン記録に1本足らずの記録です。

引退試合の挨拶で、大杉選手はこんな言葉を残しています。

「最後に、わがまま気ままなお願いですが、
 あと1本と迫っておりました両リーグ200号本塁打、
 この1本をファンの皆様の夢の中で打たしていただきますれば、
 これにすぐる喜びはございません

また引退会見の席では「さりし夢 神宮の杜に かすみ草」

という句を詠んでいます。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional