Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

お父さんがふたりになりました

お父さんがふたりになりました

画像の説明

【お父さんがふたりになりました】


れは忘れもしない10年ほど前の、

夏真っ盛りの八月の出来事でした。



「N子、さっきから、スキーを捜しているのだけれど、

 いつもの場所にないんだよ。

 家中、見て歩いたのに、さっぱり出てこない。知らないかい?」



「えっ、お父さん、今、何て言ったの?」



「明日、学校のスキー遠足があるから、どうしても、

 今日中にスキーを捜し出さないと困るんだ」



わが父、七十四歳のときのことでした。

元、小学校教員で、家中の誰よりも読書家で、

どんなに難しい漢字や言葉もよく知ってる人でした。

子供心に、そんな父が自慢でもありました。



その父が老人性認知症になったのです。

当時の私のショックは、とても言葉では言い尽くせません。



なぜなら、何十年も一緒に暮らした私の知ってる父が、

何の予告もなく、忽然と母と私の目前から消え失せ、

かわりに、姿かたちが父とそっくりな、

宇宙からのエイリアンと出会ったような、妙な感覚を持ったからです。

そして、悲しいかな、母や私のショックより、

父自身が何よりショックを受けていました。



「ここはどこなんですか?」

と自宅にいるのに不安げに尋ねました。

「気がついたら、ここにいたんです。お金もないんですけれど、

 どうか、今晩ひと晩だけでも泊めていただけませんか」

家族に敬語を使い、気を遣い、途方に暮れている父でした。



「何言ってるの。ここは自分の家でしょ」

私も始めのうちは、認知症のことが分からず、

父を何とか現実に戻したくて、ついキツイ言葉を発しました。



そんな時、父は決まって、パニック状態になりました。

「”お父さん”って私のことですか?

 私はまだ15歳です。それに、ここは私の家ではありません。

 その証拠に、私のお父さんもお母さんもいません。

 毎日、いつ来るのかと待っているのに・・・」



「お父さんの頭、すっかり子供時代に戻ってしまっているんだね」

母と私はため息をつきました。

もう私の知ってる”以前の父”は、世界中のどこにもいません。

私も父同様、寂しかったけれど、そのうち、

”新しい父”との生活にも除々に慣れてきました。



そして、ちょっと嬉しい、楽しいことも出てきたのです。

それは、純真な少年、青年時代の父との出会いでした。



「ボクも親に苦労をかけたくないから、

 早く仕事を見つけて自立しようと思っているんです。

 あなたも、いい仕事が見つかるといいですね。

 あなたは出世するような気がしますよ」


大学院を出ても仕事がなく、とりあえず、

会社の電話番のパートをしている私が、

「安定した仕事に就いて、一日も早く、

 年老いた親を安心させたい」とぼやいた時、

”新しい父”は、そう励ましてくれたのです。

また、ある時、

「お嫁にもいかず、今まで心配ばかりかけてごめんね」

と言った私に、

「私も同じです。私も、とうに嫁さんをもらう年なのに、

 学校の参考書ばかり買って、結婚資金が全然貯まらないんです。

 お互いに頑張りましょう。

 あなたは器量は今ひとつだけれど、性格が優しいから、
 
 きっといい人が見つかりますよ」



以前の父は、優しいけれど、厳しくもありました。

例えば、「パートの仕事しかない」と愚痴を言えば、

「それは、自分の人生と仕事に対する真剣さが足りないからだ。

 面接の人は、そこまで人を見抜くものだ」

という言葉が返ってきたりしました。



そうして月日は、あっという間に流れ、

父は体調不良を訴え病院を訪れました。

父は癌を宣告されたのです>>>

「真剣さ」を教えてくれたお父さん

院の帰り、タクシーの中で、自分の病気の重大さが、

直感で分かったらしく、父は男泣きしました。



「お父さん、気づくのが遅れてごめんね」

認知症という病につきあうのがやっとだった母と私は、

父に心から詫びました。

「仕方ない。これも運命だ」



父は一瞬でしたが、”以前の父”に戻って、

キッパリとそう言ったのです。



やがてみるみる身体が衰弱して、歩行不能に陥っても、

父は転びながら這いながらも、トイレに通う努力をしました。



その時の父の真剣な表情に、私は、かつて父が言った、

真剣さが足りない」という、

本当の意味が、ふいに分かった気がしました。



緊急入院をし、血を吐き、

体中から出血するような苦しみの中にあっても、

肺炎を併発し、酸素を入れる太い管が肺まで入って、言葉を失っても、

父の眼差しは、私の人生を肯定し、見守り続けてくれました。



同時に、”新しい父”は、私に老い方や死に方を

徹底的に教えてくれたように思います。



ありがとう!お父さん。

私、もうひと頑張りしてみるね!

そしてまた来世も、お父さんと出会えますように。



感動シリーズ


いいねfacebook


参考本:心があったかくなる本 PHP研究所編

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional