Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

パチンコ好きのおばあちゃんと店長の関係

パチンコ好きのおばあちゃんと店長の関係

画像の説明
【パチンコ好きのおばあちゃんと店長の関係】



所のパチンコ屋でのことでした。

10年以上、常連のおばあちゃんが亡くなったんです。

毎日、雨が降っても雪が降っても通ってました。

独り身だったみたいで、年金でパチンコを打ってたようです。


羽根ものが好きだったみたいで、

僕もよく見たもんです、そのおばあちゃんがやってんのを。

※羽根ものとは、デジタル式のギャンブル性の高い機械ではなく、一定の箇所に玉が入ったら玉が出るという、ベーシックなタイプの楽しめる機械のことです。



で、そのおばあちゃん、ある日ぱたりと来なくなったんです。

あんなにパチ好きで、皆勤賞のおばあちゃんだったのに…。

みんなおかしいと思いました。

かなりの高齢なんで、みんなまさかと思いました。



店長がお家を知ってるので、様子を見に行きました。

以前にも、営業中に具合が悪くなったので、

おばあちゃんを送ってあげたことがあったそうです。



そうしたら、悪い予感が当たり、おばあちゃんは亡くなってたんです。

といっても、それはお通夜の最中だったわけで。

とりあえず挨拶しようと、店長はそのまま通夜に。


おばあちゃんの写真を見たら、なんだか突然泣けてきたそうです。

ただの常連の客なんだけど。

何だか分からない感情がこみあげてきて、店長、大泣きしたそうです。


で、次の日のことです。

僕は、そのパチンコ屋に何気なく足を運んで、

小さな驚きを感じることになりました>>>

おばあちゃん、天国で出してるのかなぁ

つもだったら、そのおばあちゃんがよく座ってた、あの羽根ものの席、

そこには、予約の札がかかっていたのです。

それから3日間くらい、そのまま予約席になっていました。

これ、店員の友人から聞いた話なんだけど、

予約席はもちろんおばあちゃんのためのものです。

最高設定の、釘めちゃ甘でのセッティングだったそうです。

店長、恐い顔してんだけどなぁ。

なんかじんときました。

おばあちゃん、天国で出してんのかなぁなんて想像してしまいました。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional