Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ハイヒールと香水は、なぜパリ発で流行したのか?

ハイヒールと香水は、なぜパリ発で流行したのか?

フランス・パリ
【ハイヒールと香水は、なぜパリ発で流行したのか?】



近の記事では、日本という国をもっと見直そう、
誇りを持とうという内容のものをここでよく掲載しています。

ことさらにお国のことを全面に打ち出すのは好きませんが、
この国に生まれた誇りや感謝は、適切な形で持っていたい、そう思うからです。

特に出張などにより、海外で仕事をしてると、
日本のことを「我が国」として意識する気持がつのります。

ビルのどこかで日の丸がはためいていたら、
目頭が熱くなることもありました。

そして、帰りの飛行機で富士山が見えたら、
大声で叫びたいほどの感動を覚えるのです。

人から愛国を無理強いされるのは嫌いです。

ただ、こんな感じで自然発生的に湧きあがる「この国への愛着」を否定する気持はありません。

これからも大切にしていきたいと思うのです。



さて、本日もそんな感じで、日本の良さを感じていただければと・・・。

その引き合いには、花の都、パリを出させていただきたいと思います。

中世から現代にかけて、フランス・パリは女性パワーが強くなってきました。

特に19世紀半ばには、ハイヒールと香水が、
爆発的な人気をもってパリの女性に浸透していきました。

しかし、それには、この二つの商品が流行する特別の理由があったからです。

ジパング・ジャポン・ニッポン、エコの先端を行く

画像の説明

ランス・パリで爆発的にハイヒールと香水が流行した理由。

それは・・・(お食事中、スマホをご覧の方、ごめんね<(_ _)>)

街中がウン●にまみれていたからなんです。

ベルサイユ宮殿には、常設のトイレがありませんでした。

パリのアパートにもトイレがありませんでした。

皆さん、どこで用を足していたかといえば、木陰や草の陰です。

屋内では、オマルで用を足し窓からポイしていたそうです。

となれば、いかに街並みが黄金色に輝いていたか想像に難くありません。



そこにハイヒールと香水が流行する背景があったわけです。

近世の都市では、どこも似たり寄ったりでした。

しかし、中世の世界最大の都市は違いました。

そう、お気づきの通り、ジャポンの中心地、江戸の町です。

キレイでごみひとつ落ちていない江戸。

日本人はウン●のポイ捨てはしてませんでした。

資源の再利用、肥料として再生していたのです。

しかも、ウン●以外のいろんなゴミも肥料に変え、
作物次第でそれらを使い分けるきめ細かさを見せていました。

おかげで、日本というお国は、清潔だしECOだし、大変住みやすい環境にあったわけです。



21世紀の今日、世界中がECOを目指していますが、
そのお手本は、実はEDOにあったこと、僕らは自信を持っていいと思います。

できれば、今後の日本が、クリーンエネルギーとか平和とか他者への親切さで、
トップランナーを走ることができればいいんですがね。



参考本:ニッポンのココロの教科書
著者:ひすいこたろう
発行所:大和書房



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional