Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

自転車のロードレースで起きた前代未聞の追悼レース

自転車のロードレースで起きた前代未聞の追悼レース

画像の説明

【自転車のロードレースで起きた前代未聞の追悼レース】



ール・ド・フランスに代表される自転車のロードレースでは、現在ヘルメットの着用が義務付けられています。

このきっかけの一つになったのが、1995年のツール・ド・フランスで起こった悲劇的な事故でした。

イタリア出身のロードレーサー、ファビオ・カサルテッリは、1992年にバルセロナオリンピックの自転車個人ロードレースで金メダルを獲得し、プロのレーサーとして、将来を嘱望されていました。

その後、1993年にプロに転向した彼は、1995年に自身初となるツール・ド・フランスに出場します。

このころ、まだレース中のヘルメット装着は義務付けられてはおらず、カサルテッリもまた、ヘルメットをせずに出場していました。

しかし、それが悲劇を生んでしまいます。

それは、7月18日のピレネー山脈の山岳ステージで起こりました。

急勾配の下りカーブで、彼は他の数人の選手とともに落車し、運悪く道路沿いの縁石で顔と頭を強打。

ヘリコプターで緊急輸送されるも、収容先の病院で死亡が確認されました。

さて、この事故の翌日は、ピレネーで行われるレースの最終日でした。

選手たちは、カサルテッリのために1分間の黙とうを捧げ、自転車を漕ぎ始めました。

そのとき、自転車レースでは、前代未聞の光景が繰り広げられました。

主催者側も観客もあっと驚くことになります。

チームメイトも参加者も主催者も、皆が彼のために

画像の説明

転車レースといえば、1秒を争う競争です。

にもかかわらず、選手たちはアタックをしかけようとはしませんでした。

カサルテッリが所属していたチームが横一列になって走り、他の選手たちはそれを追おうともしません。


そして、そのままゴールという異例の展開になったのです

この結果を受けて主催者側は、全選手が同一タイムでゴールしたとして、その日のレースを総合成績に加えないことにします。

ただ、そのレース自体の成績は認められ、優勝賞金などは予定通り、1位になったカサルテッリ所属のチームに支払われることになりました。

そして賞金のすべてはチームによって、カサルテッリの家族に贈られたのです。

チームメイトはもちろん、彼のチームを追わなかった参加選手全員にとって、このレースはカサルテッリの妻、そして3歳の子どものためのものだったのです。

参考本:ちょっといい話
佐藤光浩(アルファポリス文庫)



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional