Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

バリアフリーな修学旅行

バリアフリーな修学旅行

画像の説明

【バリアフリーな修学旅行】



学の修学旅行、私が担任しているクラスは三年九組である。

九組はいつも見学の最後になる。

集合に遅れると全体の移動に大きな影響を与える。

現に、前の見学地で九組は集合に遅れてしまった。

遅れた理由は、はっきりしている。

男子全員が交代しながら、Sの手を引き、

身体を支えて、熊本城の天守閣に上ったからである。



Sを連れて行くと危険だし、時間がかかるので

天守閣の入り口で待っている、

天守閣には、自分たちだけで上るように、と言ったのに、

私の目をかすめてSを連れて行ってしまった。



他のクラスの生徒からそのことを聞き、

男子の行動に感動しながらも、集合に遅れはしないかと、

ハラハラして待っていた。



ガヤガヤとSを連れて下りてきた彼らの姿が、

感謝の涙で曇ってしまい、「ありがとう!」と言ったけれども、

次に「急いで!」と叫んでいた。



当然、三年九組の遅刻は、責任者である学年主任をイライラさせていた。



「理由は分かるけれども、集団行動なんだから、

 時間は守ってもらわないと困る」と言われた。



四百名近い集団を引率する者の責任は重い。

私は当然のことと受け取った。

だから、次の見学地の「球泉洞」では、なんと言って

男子を説得しようかと、バスの中で考えていた。



球泉洞は、やはり危ない。急な階段、滑りやすい細い石の道、

そこで身体の不自由な男子生徒を支えて行くのは危険である。



私は、

「見学地が危険なので、Sと私は入り口近くで待っている。

 だから副担任の指示で見学するように」と言った。

みんなは、担任の言葉を聞くと納得してバスを降りた。



しかし、Cだけは違った。

「先生が、そやん冷たかて知らんかったばい」

Cはそんな風に私をなじった>>>

Facebookの続きはこちらからどうぞ

は、バスから降りる時、私の冷たさをなじって、

Sをひょいと背負うと、担任を無視して歩き出したのである。



Cの体重は百キロ近い。Sを背負うと親子のようである。

Sは素直にCに背負われている。

他の男子生徒は、その周りを守るように囲んで歩いて行く。



私は慌てて彼らの後を追った。



実は、その数週間前、Cに関するある事件があった。

校舎の壁に、スプレーで彼を誹謗する落書きがあった。

Cは小学校の時はいじめっ子だった。



体も大きく、乱暴でいたずらの限りを尽くしたらしく、

相当多くの子の恨みを買っていたようである。



一度消したが、また落書きがあった。



私は直ちに集会を開いてもらい、

「彼は確かに昔悪かった。しかし、今、彼は頑張っている。

 落書きのような卑怯なことはやめてほしい」

と皆に訴えた。



その後は、クラス全員で梯子をかけて落書きを消した。



この事件の後、Cは少し変わったような気がした。



私は球泉洞への道をCの後にくっついて歩きながら、

覚悟を決めていた。

遅れたら仕方がない。私が謝るだけだ。

あとは事故が起きないように、

すぐ後ろからピタッとくっついて行くだけだ。

何かあったら全身で受け止めよう。

それしかない。

途中で先頭のクラスとすれ違う場面があった。

生徒たちは「うわぁ、Cはすごかね!」とか、

「S!よかったね」などと口々に言って別れた。

Cは少し得意そうであった。



小学校の時、まだ小さかったSを

男の先生がよく背負って旅行に行った。

今、それを自分がしている。

彼は、自分が、自分以外の誰かの役に立っているのが、

よほど嬉しかったに違いない。



ほんの少しCと目があった時、Cの目は潤んでいた。



やっと何とか無事に出口に着いた時、

私はCと周りをガードしてくれた男子たちに感謝した。



私は「冷たい」と生徒に叱られたけど、

教師として、こんなに幸せなことはない、とそう思った。



今、Cはトラックの運転手。

Sは元気に役所勤めをしている。


参考本:心にしみるいい話(佐賀新聞社)【バリアフリーな修学旅行】



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional