Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

撃墜王 坂井三郎がどうしても撃墜できなかった輸送機

撃墜王 坂井三郎がどうしても撃墜できなかった輸送機

撃墜王 坂井三郎

【撃墜王 坂井三郎がどうしても撃墜できなかった輸送機】



「日本の撃墜王」と称される、旧日本海軍中尉・坂井三郎。

彼は第二次世界大戦時、日本のエースパイロットとして様々な戦場に赴き、作戦に従って多くの敵機を撃墜。

連合軍にもその名を知られるパイロットでした。

しかし、そんな彼も軍の命令に従わず、敵機を見逃した経験があります

1942年、ジャワ島にある敵基地を侵攻する途中で、彼は敵の偵察機を発見。

単独行動をとって、それを撃墜します。

そして、さらに日本軍から逃れようとする大型輸送機を発見し、これを追跡しました。

当時、この地域を飛行する敵機であれば、相手が兵士であろうが、民間人であろうが、武器を積んでいようがなかろうが、すべて撃墜せよとの命令が出ていました。

しかし、彼は敵機の中に重要人物が乗っているかもしれないと考え、日本軍の基地に誘導してやろうと、輸送機の横に機体を並べます。


そのとき、彼の目に思いもよらない光景が映ります。

それは>>>

坂井三郎が、ただ一度命令違反を犯した

画像の説明

の目に思いもよらない光景が映ります。

それは、彼の機体を怖れて震える女性や子供の姿でした。

彼は、その様子を見て、逃がそうと判断(命令違反です)。

手を振ってその場を離れ、上官には、雲中に見失うと報告したのです



戦後50年ほど経ったころ、大型輸送機に乗っていたオランダ人の元従軍看護師が「あのときのパイロットに会いたい」と、国際団体に照会を求めました。

そして、パイロットがあの坂井三郎であると知ると、とても驚いたそうです。

その後、2人は再会し、無事に生きていることを喜びあったといいます。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional