Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

売れないセールスマンをトップセールスに変えた奥さん

売れないセールスマンをトップセールスに変えた奥さん

セールスマン

【売れないセールスマンをトップセールスに変えた奥さん】



び込みセールスで、まったく注文がとれず悩んでいるセールスマンがいました。

Yさんとしておきます。

Yさんは、見かけも悪くないし、頭もいい。それに話も上手です。

それなのに、仲間や後輩セールスにどんどん追い抜かれていきます。

半年も注文がとれなかったら、悩みも頂点に達してきました。

「俺にはいったい何が不足してるんだろう」



つい、奥さんにもこぼしてしまいました。

奥さんは、こう言いました。

何かが足りないんじゃなくて、何かが多すぎるんじゃないの?

そう言われて、Yさんはハッとしました。

これまでのYさんは、なまじ話も上手なだけに、自分が話すことが多く、押しつけがましいところがあったようです。

契約をとらんがために、押して押して・・・そして結局お断り。

そんなパターンが多かったのです。



それからのYさんは、少し態度を改め、できるだけ自分が主体で話すのではなく、相手に話させるように心がけました。

それから、少しずつお客様の反応もよくなってきたそうです。

しかし、それでもなかなか一つ目の契約に結び付きません。



ある日のこと。

もう少しで契約に結び付きそうなお客様のもとに、Yさんは最後のツメの訪問に向かいました。

その客先で、Yさんは大きなショックを受けることになります。

最後のツメの甘さというのでしょうか。

前回の訪問の後、ライバル会社のセールスマンが訪れ、ちゃっかり契約の横取りをされてしまったのです。



Yさんは愕然としました。


お客様を恨むわけにはいきません。

営業をやってると、よくあることです。悪いのは自分の油断、自分の甘さでしかありません。

Yさんは、下を向いて肩を落としながら歩いていました。

下向きの視線の先で、Yさんはある重要なことに気づいたのです。

時には下を向いて歩いてていいこともある

画像の説明

向きのYさんが気づいたこと。


そういえば、俺の靴っていつもキレイだよなぁ。


泥だらけの道を歩くことだってあるし、雨にぬれてビショビショになることだってある。

でも、毎朝、ピカピカに磨いてある俺の靴。

そう、奥様が毎朝お出かけ前のYさんの靴を磨いていたのです。

それを見ていた娘さんも、忙しい朝はお母さんの代わりに磨いていたそうです。

Yさんは目の前にありがとうと言う相手がいるのに気づかなかったのです。

自分はそんなことも気づかないくらいに、心の余裕がなかったんだ。

いささか、ショックを受けました。

契約の横取りよりも、大きなショックを受けたのです。

自分に足りないモノを探すより、多いものを減らす

目の前にある感謝を忘れない


このふたつを教訓として得たYさんのその後は・・・。

そうご想像の通り、もともとがセールスの素養があるYさんです。

メキメキと頭角を現し、お客様からの信頼厚い、トップセールスに成長していきました。


参考本:3秒でみんなハッピーになる名言セラピー
著者:ひすいこたろう
出版:ディスカバー21



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional