Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

奇跡を呼ぶ男、明石家さんまとは・・・?!

奇跡を呼ぶ男、明石家さんまとは・・・?!

明石家さんま

、明石家さんまさんが買い物をして、千円札を出そうとしました。

レジで支払う前に何気なくそのお札を見てみると、

いつかさんまさんに届きますように

と小さく書かれていたのです。

さすがは奇跡を呼ぶ男、明石家さんま。

今でもそのお札は大事にキープしているそうです。

書いた人の方がむしろすごいのかもしれません。奇跡を呼びよせたのは書いた人なんでしょう。



これも、ひょっとしたらお馴染みの話かもしれません。

奇跡といえば、明石家さんまさん、1985年8月12日に起きた日本航空の墜落事故。

犠牲者520人を出した、あの有名な墜落事故です。

それにも、さんまさんは絡んでいるのです>>>

生きているだけで丸もうけの言葉を裏付ける体験

日航機墜落事故

本航空JAL123便墜落事故は、1985年8月12日に起きました。

明石家さんまさんは、飛行機で大阪へ移動し、毎日放送「ヤングタウン」に出演予定だったそうです。


ところが、たまたま「ひょうきん族」収録が早く終わったため、予定を繰り上げました。

羽田発大阪行きJAL123便をキャンセルして、ひとつ前のANA35便に搭乗したのです



その日、事故当日の生放送でのラジオ番組では、さすがのさんまちゃんも言葉を失ったそうです。


そう、紙一重で自分は救われる立場になったけど、その逆の立場の人がきっといるはずだ。なんというめぐりあわせ。なんという間一髪の運命のいたずら。

この事故をきっかけに、明石家さんまさん、新幹線で行ける所へは飛行機を使わない、基本的に新幹線を利用するという方針で行ってます。



生きているだけで丸もうけ

とは、こんな体験が裏付けとなって、出てくる言葉だったのですね。

さすがにこの話は、ご遺族の心情を考え、テレビで話題にすることはないようです。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional