Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

アメリカの優しさ「秘密のサンタ」をご存じですか?

アメリカの優しさ「秘密のサンタ」をご存じですか?

サンタクロース

【アメリカの優しさ「秘密のサンタ」をご存じですか?】



メリカのミズーリ州カンザスシティには、
12月に街角で恵まれない人々に対して、現金を配る男性がいました。

その活動は、26年間も続けられたのですが、
男性が身元を隠していたため、どこの誰かは分かりませんでした。

そのため、彼は「秘密のサンタ」と呼ばれていました。

しかし、2006年11月、彼は突然素性を明かします。

「秘密のサンタ」の正体は、同州に住む58歳の実業家。

重い食道がんを患い、人に親切にするという自分の信念を広めようと、
正体を明らかにしたのでした。



彼には職を失い、車の中で寝泊まりしていた時期がありました。

そして、やけになってレストランでお腹いっぱい朝食をとった上で、
財布を失くしたと嘘をついて、ごまかそうとしたことがあったそうです。

普通なら、そんな嘘は通用しないでしょう。



しかし、そのレストランの経営者は、彼を責めることはしませんでした。

それどころか、・・・

「秘密のサンタ」がリレーとしてつながっていく

ストランの経営者は、それどころか、あなたが落としたお金があったと言って、
彼に20ドル札を差し出したのです。

彼は相手をうまく騙せたと思ったのですが、よく考えてみると、
それがレストランの経営者の優しさだったことに気づきます。


その後、彼はケーブルテレビの事業で成功をおさめ、裕福な暮らしを手に入れます。

しかし、そのレストランでの経験を忘れることはありませんでした。

そして、1979年、ドライブインの女性従業員に20ドルを手渡したことをきっかけに、
恵まれない人にお金を配るという活動を始めたのです。



2007年1月、彼は癌による合併症により亡くなりました。

それまでに配ったお金は総額130万ドル(約1億4千万円)にも及んだそうです。

しかし、「秘密のサンタ」は2007年の12月にも街角に現われ、人々にお金を配りました。

実は、彼が臨終する際、友人の一人が「秘密のサンタ」を引き継ぐことを約束し、
誓い通りに活動を始めたのです。

また「他の誰かを助けることこそが、私たちの生きる目的なのだ」と語り、
「アメリカのあらゆる街にサンタが訪れるように」と願い続けた彼の意思は、
多くの篤志家の心を捉えました。

そして「秘密のサンタ」はミズーリ州のみならず、
カリフォルニアやアリゾナなどにも登場。

活動は全米に広がっているそうです。



参考本:ちょっといい話
佐藤光浩(アクアポリス文庫)



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional