Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

もし行き詰ったら、自分以外の誰かを思いやる

もし行き詰ったら、自分以外の誰かを思いやる

渋沢栄一
【もし行き詰ったら、自分以外の誰かを思いやる】



リスマと呼ばれた心理学者、アルフレッド・アドラー。

彼は精神を病んだクライアントに対して、

「これをすれば2週間で治る!」

と処方したことがあります。

どんな処方をしたと思いますか?

だけど、僕らは聖人君子ではありません

『この処方通りにしたら、きっと2週間で全快します。

 それはどうしたら、他人を喜ばすことができるか、ということを
 毎日考えてみることです』


自分を良くしたかったら、自分を良くすることを目指すのではなく、他人を良くしろ、というのです。

行き詰っている人は、自分のことしか考えられなくなっています。

これはそのフレームをポンと外して差し上げる処方だったわけです。



渋沢栄一という偉人がいます。

彼は幕末から大正初期にかけて活躍した実業家です。

手がけた事業は、500以上です。

その事業のうちのひとつ「養育院」というのがありました。

貧しい人や、浮浪少年などの世話をする施設です。

そこに収容される人たちを長年観察していて、渋沢さんは気づきました。

お金に困っている人たちに共通する特徴、それには一貫したものがあると。

それは・・・

常に自分の都合だけを考えている



普通、自分だけよければいいと思っていたら、せめて自分のことくらいは真っ先に良くなりそうです。

でも、それは逆だったのです。

自分だけ良ければいいと思っていると、自分すらよくならない。

自分ひとりすら養っていけなくなってしまうのです。

それでは、聖人君子のごとく、自分を殺して人の犠牲になるのがベストな生き方かというとそうでもない。

自分を思いやる心も、人さまへの思いに劣らず豊かでありたいものです。

聖書の中で、イエス・キリストはこう言っています。

あなたの隣人を愛せよ

しかし、その直前には大事なこの言葉があるのです。

自分を愛するようにと。


参考本:常識を疑うことから始めよう
著者:ひすいこたろう・石井しおり
発行:サンクチュアリ出版



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional