Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

親切にしたのに、相手が忘れていたら…

親切にしたのに、相手が忘れていたら…

画像の説明
【親切にしたのに、相手が忘れていたら…】



戸時代、九州の博多に仙崖(せんがい)さんという、

まことに痛快な禅宗のお坊さんがおられました。

ある時、仙崖さんが外出からの帰り、

ぬかるんだ道の真ん中で下駄の鼻緒を切らして立ち往生していました。



これを見ていた近くの豆腐屋の女将さんが「まあお気の毒に」と、

飛んでいって鼻緒をすげかえてあげたのです。

急いで帰る仙崖さんの後ろ姿を見て

「あー良いことをした」と女将さん、その日は心も軽く、

大変気持ちの良い一日を送ることが出来たのです。



さて、翌日のことです。



女将さんが店の前で掃除をしていると、

向こうから仙崖さんが歩いてくるではありませんか。



それを見た女将さん、とっさに昨日のことが頭をよぎり、

当然お礼の言葉をかけてくれるだろうと、心ひそかに待っていました。



ところがどうしたことか、仙崖さん

「やーおはよう」と声をかけただけで通り過ぎてしまったのです。

拍子抜けした女将さん、少々不満が残りましたが、

「きっと仙崖さんはお年で目が悪いから、昨日鼻緒をすげかえたのが

 私だったということがわからなかったに違いない」

と思い直して、 「それなら帰りは道の真ん中で待っていよう」と、

仙崖さんの帰りを待つことにしました。



今か今かと待っている女将さん、何だか仕事に熱が入りません。



ようやく夕方になって、仙崖さんの帰ってくるのを見た女将さん、

今度こそはと道の真ん中まで出て行ったのです。

女将さんの姿を見た仙崖さん、「やあー」と声をかけただけで、

またしてもお礼の言葉もなく通り過ぎてしまったのです。



そうなると治まらないのが女将さんの胸のうちです。

「私はお礼を言ってもらいたくて、したわけじゃないけど、

 せめて一言ぐらいは礼を言うのが人情ではないか。

 そりゃーなるほど助けてあげたといっても

 鼻緒のすげかえ程度の小さいことかも知れんが、

 これではあまりにも人の親切を踏みにじる仕打ちじゃないか」



こう思うと、胸のうちがむかむかして治まりません。

その後2度、 3度仙崖さんと出会ったのですが、

やはりお礼の言葉をかけてくれません。



とうとう業を煮やした女将さん、仙崖さんの信者のところへ行って、

事の始終を話し、恨み、つらみの数々をまくし立てたのです。



それを聞いた信者さん

「そりゃーあんたの言う方が正しい。

 今からわしが抗議に行ってくる」と、

仙崖さんのところに出向いていったのです。



信者さんの話を聞き終えた仙崖さん、

日常、私たちも陥りやすい落とし穴を教えてくれます>>>

人からの恩は忘れ易く、人への恩は忘れ難し

うかそうか、それはまことに気の毒なことをした。

 実はワシはあの時の親切を本当に身にしみてありがたく思うていたのじゃ。

 困った時に受けた親切はとても銭金で返せるものではない。

 まして、口先だけの礼ですませるものではないんじゃ。

 ところが人間というものは浅ましいもので、

 どんな大きなご恩を受けても、お礼を言いさえすれば

 それで帳消しになったように思うもんだ。

 ワシはそれがいやさに、わざと心の帳面に刻んで、

 一生かかってそのご恩を頂いていこうと思っておったのに、

 女将はそれを現金で払えというのか。

 それならお易いことじゃ。明日にでも早速払ってくることにしよう」

と、答えたのです。

いかがでしょうか。



よく私たちは、「お礼を言ってもらうためにしたんじゃない」と言いますが、

その実お礼を言ってもらえなかったり、お礼の言い方が悪かったりすると、

無性に腹が立つものです。

 

本当に純粋な親切心からしたのであれば、相手がお礼を言おうが言うまいが、

そんなことは問題にしないはずです。



ところが、私たちの親切には「我執」という不純物が混じるようです。

我執の混じった親切には「してやった、やってやった」という思いがついてまわります。

他人から受けた親切はすぐに忘れるくせに、こうして自分のした親切だけは

わずかばかりの親切でも「してやった、やってやった」とこだわって、

何時までたっても忘れないのが人情というものでしょう。



ちなみに田中角栄はこんなことを言っています。

借りた金は忘れるな、貸した金は忘れろ

また「忘れる・忘れない」ということについては、こんな諺もあります。

恩は石に刻め、恨みは水に流せ



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional