Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

日本人選手の見えないフェアプレイに花束を・・・

日本人選手の見えないフェアプレイに花束を・・・

女子フィギュアスケート

季オリンピック、2002年 ソルトレイクシティでの出来事です。

アメリカのフィギュア・スケート選手、サーシャ・コーエンは、競技用のタイツを忘れるという重大なミスをしてしまいます。

当時のアメリカは、2001年の同時多発テロの影響で厳戒態勢。

選手たちもカバンの中身を全部出して、チェックを受ける必要があったそうです。

彼女はチェックを受けるために競技用のタイツをカバンから取り出し、そのまま置き忘れてしまったのです。



しかし、彼女が忘れ物に気づいたのは演技の直前。

探すにも新しく手配するにも時間はなく、周りの選手たちに予備のタイツを貸してほしいと頼みますが、誰も返事をしてくれません。

厳しいスポーツの世界ですから、仕方のないことだといえるでしょう。


ところが、困っている彼女の姿を見て、1人の選手がわざわざ自分の履いていたタイツを脱いで、彼女に差し出したのです。


その人は日本人の選手でした。

そう、この選手です>>>

敵に塩を送る、日本人の美徳がスポーツにも示された

画像の説明

メリカのサーシャ・コーエン選手が半泣きで困り果てているところ、その窮地に手を差し伸べたのは、日本のフィギュア・スケーター 村主章枝(すぐりふみえ)選手でした。

そして、競技の結果はサーシャ・コーエンが4位で、村主章枝は5位。

もしも、村主がタイツを貸していなければ、順位は変わっていたかもしれません。


この話は美談として、当時新聞などでも話題になりました。

そして後にテレビのトーク番組に出演した村主は、サーシャ・コーエンからタイツを返してもらっていないことに触れ、

早く返してください

と笑いながら語りました。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional