Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

空腹時、混んでるそば屋で丼をひっくり返されたら、どうします?

空腹時、混んでるそば屋で丼をひっくり返されたら、どうします?

画像の説明

【空腹時、混んでるそば屋で丼をひっくり返されたら、どうします?】


は妊娠7カ月のお腹をかかえ、パートとしてそば屋で働いていました。

お昼どきはさすがに混み合い、とても忙しく、

みんな待ち時間の長いのにイライラの様子。

私はそばをお盆にのせ、お客様へと運んでいました。



その時、そばを目の前へ置こうとしたとたん、

急に手がすべってどんぶりを落とし、

お客様(60代くらいの男性)のズボンに、

そばと汁が飛び散ってしまいました。



どんぶりも割ってしまったため、調理場へもあやまりに行かねばと思いつつ、

お客様へは「すみません、すみません」とタオルでふきながら、謝るだけ。

このお客様に何て言われる怖い!

おれなさすかえない

のお客様に何て言われるか怖い!

そう思っていた矢先、


「たまには床にもそばを食わせないとな。床も喜んで食ったべ。
 
 おれなズボンなのさすかえない。それよりあんたの体は大丈夫だが?」

と逆に、大きな声で私をかばってくださいました。

後で思いましたが、大きな声は、店側の人間にも「私を怒るな」と制してくれたような気がします。

またお客様側にしても、それまで全員の目が私に向けられていたのが、

スウ―ッと消えていくのがわかりました。

私のこわばっていた体もスウ―ッと、ときほぐされたように感じました。

混んでいるさなかに、しかもお腹が空いていたお客様に、

とても優しい言葉でかばっていただき、私も気持が楽になりました。



帰りには、あったかい笑顔で

「ごちそうさん!」

と言って、ズボンを恥ずかしげに見ていました。

言葉に消しゴムは使えない。

だから、思いやりのある優しい言葉こそが、本当の真心の親切なのだと、

教えられた思いでした。


参考本:涙が出るほどいい話
「小さな親切」運動本部(河出書房新社)

山形県 Оさんのお話しより



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional