Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

おばあちゃんが落としたソフトクリーム

おばあちゃんが落としたソフトクリーム

おばあちゃんのソフトクリーム

れはデパートの一角のスタンドで、私と母がコーヒーを飲んでいた時のことでした。

「女っていくつになっても甘いものが好きなんだねえ」

目を細めてつぶやく母。

見ると、70歳半ばのおばあちゃんが、ちょこんと座ってソフトクリームをなめていたのです。

ところが、お年寄りのことです。手元が狂ったのか、クリームをポトリと床の上に落としてしまいました。

大慌てでティッシュを探す私と母。

その時のことです。

ひとりでスタンドを切り盛りしていたお兄さんのとった行動。

それがとても印象的だったのです。

その行動とは>>>

お店のお兄さんがさわやかな行動をとった

兄さんは、そのとき、まず並んでいたお客さんに、

「すみませんが、ちょっとだけお待ちいただけますでしょうか」

そう言うが早いか、備え付けの紙ナプキンをごっそりとわしづかみにすると、
カウンターをひとっ飛びにして、おばあちゃんの所へかけつけました。

「大丈夫ですか?」

そう言うと、まずおばあちゃんの口の周りをふいてあげたのです。

それから洋服についたクリームをふいてあげ、床に落としたものを始末して、モップをかける。

それは、お見事と言っていいほどの手際のよさでした。

カウンターの中に戻り、「どうもお待たせしました」、そう言って頭を下げたお兄さん。

手が空くと、今度は初めの時より少なめのソフトクリームを、さっきのおばあちゃんにさりげなく手渡していたのです。

こんなに細やかな心配りを実に自然にやってのけたお兄さん。

してあげた」という気持を持たない好意こそが、本当の親切なのだと教えられた気がして、少し自分が恥ずかしくなりました。

彼の身についた自然な親切に、頭が下がる思いでした。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional