Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ソニーの井深さん、幼児教育に熱心な理由は

ソニーの井深さん、幼児教育に熱心な理由は

SONY井深大
ニーの創業者、井深大さんは「人を信じられる人間が、21世紀の日本をつくる」という考えのもとに、ソニー教育財団を設立しました。

井深さんは、幼児教育に関する本も多数執筆しています。

また井深さんは、ハンディキャップは才能を発揮する妨げではないとして、障がい者が活躍できる場、ソニー・太陽株式会社を設立しています。

このような井深さんの活動には理由がありました。

彼の授かった娘さんが知的障がい者であったことが、大きな影響を及ぼしているようです。

娘の自立を望む父親としての気持が、障がい児教育に携わり、教育問題や障がい者が働ける環境づくりに取り組む要因のひとつであったといわれています。

1992年、井深さんは、幾多の功績が認められ、文化勲章を受けることになります。その受賞理由は、他の受賞者とは少し違うものでした。

どう違っていたのでしょうか?>>>

井深大さんの文化勲章受賞の理由

ソニー井深大

深大さんの文化勲章、授賞理由・・・少し堅苦しい文言ですが、原文のまま記載するとこうです。

「その高潔なる人柄と相まって、我が国の科学・技術、産業、教育、社会福祉および国際関係の向上・発展等多方面に貢献し、その功績は極めて顕著である」

文化勲章の受章理由において、人柄に触れた文言が含まれるのは、とても珍しいことだといいます。

「私たちは、そうした井深さんの人柄ゆえに、そのもとに集まり、その夢を実現しようと力を合わせてきました。・・・ソニーという世界に冠たる会社をつくりあげた井深さんに、心から、ありがとうございました、と申し上げたい気持でいっぱいです」

ソニー創業者の一人である盛田昭夫さんは、文化勲章を祝う会で、こんなスピーチをしたそうです。


今日のSONYは、叱咤激励のうち、何かと叱咤されることの多い状況にあります。

私事ながら、この会社にいる友人には、私もその低迷ぶりを非難することがあります。

人々が無関心ならば、SONYに対する叱咤は無いのです。

この冬の時代、何とか創業者のVisionや理念を噛みしめて踏ん張って欲しい。

再度復活の日を待つファンが多い、そのことをSONY関係者に分かって欲しい、そう思うのです。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional