Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

母親として、子供の卒業式を見届けたい

母親として、子供の卒業式を見届けたい

画像の説明
【母親として、子供の卒業式を見届けたい】


が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った女性の方がいました。

余命3ヶ月と診断され、彼女は諏訪中央病院の緩和ケア病棟にやってきました。

ある日、病室のベランダでお茶を飲みながら話していると、

彼女がこう言ったんです。



「先生、助からないのはもう分かっています。

 だけど、少しだけ長生きをさせてください」



彼女はその時、42歳ですからね。

そりゃそうだろうなと思いながらも返事に困って、

黙ってお茶を飲んでいました。



すると彼女が、

「子供がいる。子供の卒業式まで生きたい。

 卒業式を母親として見てあげたい」

と言うんです。



9月のことでした。



彼女はあと3ヶ月の余命、

…つまり12月くらいまでしか生きられないのです。

でも私は春まで生きて子供の卒業式を見てあげたい、と。



子供のために、という強い思いが何かを変えたんだと思います。



奇跡は起きました。

春まで生きて、卒業式に出席できたのです。



こうしたことは、科学的にも立証されていて、

例えば、希望を持って生きている人の方が、

がんと闘ってくれる「ナチュラルキラー細胞」が活性化するという、

いくつかの研究も発表されています。



おそらく彼女の場合も、

希望が身体の中にある見えない3つのシステム、

「内分泌」「自律神経」「免疫」を活性化させたのではないかと思います。



さらに不思議なことが起きました。



彼女には、もう一人お子さんがいます。

上の子の卒業式には出席できました。



下の子は、その春に高校3年生になりました。



僕たちは、当初、せめて上の子の卒業式までは、

生かしてあげたいと思っていました。



でも彼女は、余命3ヶ月と言われてから、

6ヶ月後の3月の卒業式まで生きました。



さらに、その1年後、下の子の卒業式を見ることも出来たのです。



余命3ヶ月の宣告から、1年6カ月も生きて、

二人のお子さんの卒業式を見ることが出来ました。



そして、それから1ヶ月ほどして亡くなられました。

彼女が亡くなった後、娘さんが僕のところへやってきて、

びっくりするような話をしてくれたんです>>>

母は、最後の最後まで「母親」を全うしました

たち医師は、子供のために生きたいと言っている

彼女の気持を大事にしようと思い、

彼女の体調が少し良くなると、外出許可を出していました。



娘さんが言いました。



「母は家に帰ってくるたびに、

 私たちにお弁当を作ってくれました」



彼女が最後の最後に家へ帰った時、

もうその時は、立つこともできない状態だったのです。



病院の皆が引き留めたんだけど、

どうしても行きたいと。

そこで僕は、

「じゃあ家に布団敷いて、

 家の空気だけ吸ったら戻っていらっしゃい」

と言って送り出しました。



ところがその日、彼女は家で台所に立っていたのです。

立てるはずのない者が、最後の力を振り絞ってお弁当を作るんですよ。

その時のことを、娘さんはこのように話してくれました。


「お母さんが最後に作ってくれたお弁当はおむすびでした。

 そのおむすびを持って、学校に行きました。

 久しぶりのお弁当が嬉しくて嬉しくて。

 お昼の時間になって、お弁当を広げて食べようと思ったら、

 切なくて切なくて、なかなか手に取ることが出来ませんでした」



お母さんの人生は、40年ちょっと、

とても短い命でした。

でも、命は長さじゃないんですね。



お母さんは、お母さんなりに精一杯、必死に生きて、

大切なことを子供たちに、ちゃんとバトンタッチした、

そのように僕は思います。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional