Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

酷評で有名なスポーツ誌で、大きく賞賛された選手

酷評で有名なスポーツ誌で、大きく賞賛された選手

画像の説明

【酷評で有名なスポーツ誌で、大きく賞賛された選手】


タリアには、歴史ある辛口のスポーツ誌があります。

サッカーに関しては、特に厳しい批評を展開し、選手ごとに手厳しい採点を課します。

ガゼッタ・デロ・スポルト誌です。

ガゼッタ・デロ・スポルト誌の採点は10点満点で、

多くの場合、一番活躍した選手でも6.5点~7.5点ぐらいの採点にすぎません。

それまでの最高得点でも、ナポリ時代のマラドーナの9点でした。

最高10点を獲得するのは、奇跡であろうとまで言われていたのです。


ところが、この採点で初めて10点満点をとった選手がいます。

1998年のイタリアサッカー、セリエA、ウディネーゼ対カリアリの試合でした。

カリアリのGKのアレッシオ・スカルピという選手が

初めての10点満点を獲得しました。

しかし、この試合1-2で、スカルピのチーム「カリアリ」の負けという試合だったのです。

何故負けたチームの、しかもGKの選手に満点という採点を下したのでしょうか?

その理由は、動画とともにご覧ください>>>

【セリエA】10点満点を獲得したゴールキーパー


合中、心肺停止してしまった選手にいち早く気づき、

スカルピ選手は自ら人工呼吸を施し、みごと相手選手を蘇生させたのでした!

この行動に対してガゼッタ・デロ・スポルト誌は、

翌日10点満点の採点を下したのです。


そして、採点の横には、必ず一言のコメントが添えられます。

彼に添えられた一文は

『命は地球より重い』というものでした。

このエピソードにより、ガゼッタ・デロ・スポルト誌は

更に採点が厳しくなったと言われています。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional