Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

頼りない生命を放っておけない肉食系タレント

頼りない生命を放っておけない肉食系タレント

画像の説明
【頼りない生命を放っておけない肉食系タレント】



食系女性タレントなどと揶揄(やゆ)される杉本彩さん。

しかし、意外なことに、彼女は大の動物好きで、

自宅には何匹もの猫を飼っています。

動物愛護にも熱心で、引き取り手のない猫や犬を

預かることもしばしばです。

東日本大震災から2年後、あるバラエティ番組で、

杉本さんの自宅を取材した際、飼っている猫が映りこんでいました。



一匹の猫を、杉本さんが紹介しました。

「この子は、被災地からここに引き取ったんです」



たまたま、元の飼い主の方が、その番組を録画していたそうです。

何度も見直して、独特のしっぽの柄から、うちの猫に間違いない、

と確信したその飼い主さんは、杉本さんに感謝の手紙を書いたといいます。



震災で生活環境の変わったその飼い主さんが、

猫を引き取ることはできませんでしたが、

引き続き飼うことになった杉本さんも感無量でした。

「かつて、この子たちを可愛がっていた飼い主の方がいて、

 その方たちが無事でいらっしゃると分かってほっとしました」

と語っていました。



また彼女はある時、道で瀕死の状態で轢かれていた猫をみつけました。

助からないかもしれない。

だけど、何とかしてあげたい。



猫は血だらけでしたが、杉本さんは自分の服が汚れることも構わず、

病院に向かって走りました>>>

飼い主のせめてもの心の救いは・・・

院に着くと、その猫の首輪から飼い主が分かりました。

連絡すると、飼い主の方はすぐに向かうとのことでした。

その猫の身体はもうボロボロで、手の施しようがない状態でした。



それでも飼い主さんが到着するまで、何とか意識を保っていました。

到着した飼い主さんは、酷い状態の愛猫と対面しました。



そして愛するペットを胸に抱いて、泣き崩れました。

結局、その猫はそのまま息を引き取ってしまいました。



普通なら、道で轢かれた猫にかまう人などまれでしょう。

しかしながら、それを病院まで運んだ杉本さん。



その人が有名なタレントさんだったことに驚きながらも、

飼い主さんは、杉本さんの行為に感謝することしきりだったそうです。



最愛のペットの最期を看取るのは、つらいことですが、

そばにいてあげるのは、飼い主として、せめてもの救いです。



猫の気持も、飼い主の気持もよく分かる杉本さんだからこそ、

なりふり構わず、ひとつの生命に向き合ったのでしょう。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional