Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ばあちゃんが遺してくれたすごろくノート

ばあちゃんが遺してくれたすごろくノート

画像の説明

【ばあちゃんが遺してくれたすごろくノート】


の事情で、僕はしばらくの間、ばあちゃんに預けられていました。

当初、見知らぬ土地に来てしばらくの間、当然ながら友達もいませんでした。

いつしか僕は、ノートに自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていました。

それをばあちゃんに見せては、

「ここでモンスターが出るんだよ」

「ここに止まったら三回休み~」

ばあちゃんはニコニコしながら、

「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれました。



ばあちゃんの笑顔や相づちが、なんだか嬉しくて、

僕は何冊も何冊もすごろくを書いていました。

やがて僕にも近所に友達ができて、すごろくのことは忘れ、友達と遊びまくってました。


そのころ家の事情も解消され、自分の家に戻ることができました。

ばあちゃんは別れる時もニコニコしていて、

「お父さん、お母さんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」

と喜んでくれました。



先日、そのばあちゃんが亡くなりました。

89歳ですから、大往生の部類でしょう。



遺品を整理していた母から、「あんたに」と一冊のノートをもらいました>>>

そうか、友だちができたのは、おばあちゃんのおかげだったのだ

のノートを開いてみると、そこにはばあちゃんが作ったすごろくが書かれてありました。

モンスターの絵らしき物が書かれていたり、

なぜか「ぬらりひょん」とか妖怪も混じっていたり。


「ばあちゃん、よく作ったな」と僕はちょっと苦笑しました。

最後のあがりのページを見ました。

「あがり」と達筆な字で書かれており、その下に、

「○○くん(僕の名前)に友達がいっぱいできますように」



人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。

ばあちゃん、死に目に会えなくてごめんよ。そしてありがとう。



出典【2ch】ニュー速クオリティ



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional