Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

借金取りの怖いおじさんより、もっと怖い大阪のおばちゃん

借金取りの怖いおじさんより、もっと怖い大阪のおばちゃん

画像の説明

【借金取りの怖いおじさんより、もっと怖いおばちゃん】


は、既におばあちゃんに近いおばちゃんです。

あれは、私が小学校低学年の頃でした。

その頃、父は友人の裏切りにより、事業を失敗し、

沢山の借金を抱えていました。



夜遅くまで金策に駆け回る父、いつも母と二人で留守番でした。

表の戸をドンドンと叩く音に、電気を消して怯えながら、

二人で抱き合ったこともありました。



ある夜のこと、その時は一人で留守番をしていたのです。



ラジオからは「お父さんはお人よし」のドラマが流れていました。

玄関の戸を荒々しく叩く音。男の人の声がします。



「お父さんもお母さんもいません!」と精一杯の声を上げて答えても、

その人は納得しませんでした。



「隠れているのはわかってるんや、開けんかい」

その声で、仕方なく戸を開けると、男の人はズカズカと家に上がり込み、

家を一回りして私のところへ来て言いました。



「そうか、やっぱり留守か。…だけどな、子供の使いやあるまいし、

 手ぶらでは帰れへんなぁ」

その男の人は、そんなことを言って、辺りを見回すと、ラジオのスイッチを切り、

「これを貰っていく。ワシが持っていったとお父さんに言うとき」

と言って、帰っていきました。



私はただ黙って、うつむくばかりでした。



それからしばらくして、両親が帰ってきましたが、その話を聞くと、

悲しそうにうなずくだけでした。



遅い夕食をすませた頃、一人のお客様が来て、

玄関の方からその話し声が聞こえてきました。



お客様は、先ほどラジオを持ち帰った、あの男の人だったのです。

私は、反射的に身を固くしました>>>

昔から大阪のおばちゃんのよさは、こんなところです

の男の人は、先ほどと違い、おだやかな語り口でした。


「あのなあ・・・うちのカアちゃんが『なんぼ、お金を貸した取り立てやいうても、

 子供一人いるところからラジオを持って帰ってくるような人とは、思わんかった。

 そんな人とは結婚した覚えはない。そのラジオ返しておいで!』いうねん。

 『遅いから、明日返しにしにいく』いうたら、『あかん、今返してこんと、

 今日から主人やとは思わん』言うんや。

 家へも入れてやらん、言うねん。ワシも恥ずかしい事をしたと思うたんや。

 嫁はんの言うとおりや。お嬢ちゃん、すまんことしたなあ・・・堪忍な」

その小父さんは、私のおかっぱの頭をなでて言うのでした。

私は、この人のお嫁さんは、きっと優しい人に違いない。

私も大きくなったら、きっと、こんな優しい、いいおばちゃんになろう、

子供心にも、そう思ったことでした。

静かに戸を閉めて帰るその男の人に、私は思わず、

「おじちゃん、おおきに」と言っていました。

その人は大きく頷いて、夜の闇の中へ帰っていきました。



小さいながら、あの日の恐ろしさは、いつまでも覚えていて、

借金だけはするまい、と決心したものです。



顔も見たこともない、おばちゃん。

悪いことをしたおじちゃんを叱ったおばちゃん。

大きくなったら、あんな人になろうと私に誓わせた、おばちゃん。



それにしても、忘れ得ぬ人の一人を持っている私は、幸せではないかと思います。

そして私自身も、誰かにとって、

この「おばちゃん」のようになれたらと思わずにおれません。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional