Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

右も左も関係ない ~たった一人の少女が団体の行動を変えた~

右も左も関係ない ~たった一人の少女が団体の行動を変えた~

自衛隊
【再放送】
右も左も関係ない
~たった一人の少女が団体の行動を変えた~


※災害救護に忙しい自衛隊の方、警察機動隊の方、消防隊の方、
その他、大変な災害現場に立ち向かう方々に向けて激励と感謝のエールを送りたいと思います。

※最近では御嶽山の救助活動を諦めざるをえなかった隊員さんの、悔しい表情が胸に残ります。


う十数年前の話。自衛隊の駐屯地祭でのことでした。

駐屯地祭とは、地域の自衛隊の駐屯地で繰り広げるお祭りのことです。

それが武器・兵器の展覧会みたいでもあり、

自衛隊の力を誇示するパフォーマンスのようでもあり、

よく一定の市民団体から攻撃の矢面に立たされることがあります。

友人に自衛隊員がいて、私はたまたまその駐屯地祭を見にでかけました。



例によって、共産党系の市民団体が来て、

何やらシュプレヒコールのような掛け声をかけていました。



その集団に向かって、一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていったのです。

たった一人のその女子高生は、大人数の団体につかつかと近づきました。


少女「あんたら地元の人間か?」

団体「私たちは全国から集まった団体で……云々」

少女「で、何しに来たんや?」

団体「憲法違反である自衛隊の駐屯地祭は、自衛隊賛美につながり……云々」

少女「私は神戸の人間や。はるばる電車に乗って、何しにここまで来たかわかるか?」

団体「……?」

たった一人のその少女に対し、団体はあっけにとられています。

そして、その後の少女の言葉に対し、

そこに居合わせた全員の表情が変わり、

やがて彼らの当初の勢いも次第に失せていくのでした。



その少女のひと言とは?

そのときのうちらの気持、あんたらにわかるか?

画像の説明

体に向かって、少女はこう言い放ったのです。



「神戸の地震で埋もれた家族を助けてくれたのは、ここの部隊の人たちや。

 寒い中、ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて、

 夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのも、ここの部隊の人たちなんや。

 私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。

 あんたらにわかるか?

 消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。

 …でもここの人らは歩いて、うちらの場所まで来てくれたんや……」


最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女の声は、次第に涙声に変っていきました。

あまりにも印象的だったのではっきり覚えています。

団体は、しらけた空気のまま解散しました。


彼女が門をくぐった時に、自衛隊の守衛さんはグンと背筋を伸ばして敬礼をしました。

それは、通り一遍の軽い敬礼ではなく、直立不動の最高の敬意を表した敬礼に見えました。



■SNSサイト上の掲示板の書き込みを下敷きにしています。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional