Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

少年は兄とのぶつかり合いを通じて成長した

少年は兄とのぶつかり合いを通じて成長した

画像の説明
ちょっと泣ける話
【少年は兄とのぶつかり合いを通じて成長した 】


る家庭に脳に若干の障がいを持つ男の子が生まれた。

そして数年後、さらに次男誕生。

小さい頃、弟はケンカのたびに、

「兄ちゃんなんて××じゃないか!」

と言うのを聞いて、母親は悲しんだ。

絶対に口に出してはいけない言葉だった。

だが、

母は何も言わず、じっと待つことにした。



兄が小学一年生に入学した時、

同級生を招いて兄の誕生日のお祝いをした。

兄は、何が原因なのかは定かじゃない。

急に招待した同級生を殴り始めた。

その時、弟が飛び出してきて・・・



「お兄ちゃん・・・殴るんだったら僕を殴って」

「僕なら痛くないから!!」



それを聞いた母は

心の中で、



「ぼうや、ありがとう・・・」

と言った。



その弟が小学一年生に入学した時、

隣の席には、手に障がいのある子が座っていた。

体育の授業のある日、

体操服に着替えねばならないので、

当然、その隣の子は、

着替えに手間取って遅れてきた。

しかし、二回目からは、

時間通りに来たので、

先生は不思議に思い、

体育の授業のある日

そっと教室をのぞいてみた。

すると・・・>>>

弟はお兄さんのそばで学んでいたのです

生は、そっと教室をのぞいてみた。

すると・・・

あの弟が一生懸命になって

着替えを手伝っている・・・。

先生は、このことを

みんなに話そうと思ったが、

せっかく弟が自主的に

やっていることなので、黙っていた。



さて、七夕の前日、授業参観日があった。

先生が児童の書いた短冊の願いごとを読んでいた。

子供らしい「おもちゃが欲しい」

などの願いごとの中に・・・

神様・・・

どうか、○○君(手に障がいのある隣の子)の腕を

早く治して下さい・・・。


と書いてあるのを見つけた。

そう、あの弟の書いたもの。

先生は、

たまらなくなって

皆の前でこの弟の

着替えのことを話しだした。



自分の子が手に障がいがあるので、

皆に迷惑をかけているのではないかと

廊下の隅で小さくなって授業を

見守っていたある母が、

教室に飛び込んできて、

弟の足もとで号泣した。


「ぼうや、ありがとう」

ありがとう・・・



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional