Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

幼なじみの宝物ボックスには・・・

幼なじみの宝物ボックスには・・・

画像の説明

【幼なじみの宝物ボックスには・・・】


が、中2のときのことです。

幼なじみで、恋心も抱いてたKっていう女子がいました。

でもKは、僕の数倍かっこいい男子と付き合っていたのです。

僕がかなう相手でもありませんでした。


Kは、時々恋愛経験のない僕にいろいろ悩みを相談してきました。

僕は、正直話聞くだけで嫌だったんですが…。


だけど、ある日のこと。

人気のない公園で、Kの相談に乗っていたんです。

僕は、その時たまたま、年の離れた兄貴からもらったペンダントをしてました。

Kは彼氏との関係がちょっと危ういとかなんとか、と言ってました。

話が一段落したところで、「あれ?」という表情でKが聞きました。

K「…そういえば、そのペンダント何~?」

僕「ただの安物」

実際は、けっこう値の張るものだったらしいです。

僕としては、おしゃれな兄貴からもらった、

当時としては宝物のひとつだったし。

K「へぇ~。」

Kはそういったら、さりげなく後ろに回りこんで、

ささっと僕のペンダントを取り上げたのです。



で、一言。

K「仲直りってことで、これ彼氏にあげてくるね♪」

何をふざけたこと言ってんだこいつ・・・。

他人(男)のお古を普通彼氏に渡すか?



僕「おい、K!ちょっと待てよ!」

僕はマジで怒りました。

K「大丈夫!大切にしてくれるよw」


公園の出口で少し手を振って、そのまま消えていきました。

その後のペンダントの行方は、後日相談を受けたときに聞いてみたんだけど、

話をそらされました。



そんなことがあって、2ヶ月ほどが過ぎたとき、

Kは交通事故に遭い、あっけなく死んでしまったのです。

かなり急なことだったから、そのことを聞いた時、僕は凍りつきました。

葬式のときも、まだ素直に現実を受け止められませんでした。



家に帰った後、どうしても抑えきれず、

Kのお母さんに、彼女の部屋を見せてほしいと頼みました。

幼なじみでよく遊んでいたからか、

お母さんは多少迷いながらも頷いてくれました。


久々に入ったKの部屋からは、どこか懐かしい香りがしました。

思い出にふけりながら、部屋を見ていると、

ある小さな物に目が止まりました>>>

彼女の宝物ボックス、いろんなものが入ってました

ンスの上に箱があったのです。

「宝物ボックス」と拙い字で書かれていました。



恐らく、小さいころからずっと使っていた箱なんだろう。

そっと開けてみると中には、

ちっちゃな消しゴムやら、鉛筆やら、友達とピースしている写真やらが、

沢山入っていました。



その中に、見つけたんです。

僕のあの時のペンダントを。

思わずドキッとしました。

えっ…?



よく見てみると、さっきの消しゴムの一部や、鉛筆の端っこには、

何か書かれてる文字が見えます。

目を凝らしてみると、僕の名前がうっすらと残されていたのです。



もしかして…



そう思った瞬間、急に涙があふれてきました。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional