Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ビートたけし、タモリを賞賛、明石家さんまに喝!?

ビートたけし、タモリを賞賛、明石家さんまに喝!?

画像の説明

【ビートたけし、タモリを賞賛、明石家さんまに喝!?】



ートたけしさんが審査委員長を務める『ビートたけしのエンターテインメント賞』というものがあります。

今年はその特別賞をタモリさんが受賞しました。

タモリさんはビデオメッセージを寄せ、

「たけちゃんに褒められるのは本当にうれしい。

 お互い長い間やってますけど、初めてじゃないか」と照れくさそう。

「会うと照れちゃうけど、お互いこれからは褒め合うことにしましょう」
と素直に受賞を喜んだ。



たけしさんは、『笑っていいとも!』の長年の労をねぎらいつつ、

あらためて『タレントの引き際』について、真面目な持論を展開しました。



その持論には、ちょっとした伏線があります。

やはり仲の良いライバルである明石家さんまさん(58歳)に、

「還暦で引退」の噂があるのをたけしさんが聞いていたのです。

それを聞いた時も、 

「俺は引退なんか考えないぞ! いつまでも“イヤなジジイ”として居座ってやる!」

と気炎を吐いていました。

たけしさんの言う『タレントの引き際』、

さんまさんに対する激励の喝!でもあるのでしょうか。

プロ意識満々で、聞いてて気持いい感じです>>>

すべてはお客さんが決めること

ートたけしさん、タレントの引き際について、こう語っています。

「何年かやったとしてもそれを越す人が出ればいいのであって、

 われわれの商売でリタイアするかしないかはお客さんが決めること」

さらに


「さんざん今まで支えてもらって、お金貯まったらやめるなんておかしいと思う。

 体のことは仕方ないけど動けるうちは、興行的に成り立たなくなって

 『あなたはもういらない』と言われるまではやろうと思う

 それが自分を支えてくれた方への恩返しになる


いつになく真剣なトーンのたけしさんに、

弟子で司会を務めたガダルカナル・タカさんも

「本当にきょうは、すばらしい言葉が出てくる」と感心しきりでした。

途中で照れくさくなったのか、たけしさん、

「都知事戦に出ようと思って…」と最後は爆笑でしめました。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional