Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

玉三郎さんも人知れず病に苦しみました

玉三郎さんも人知れず病に苦しみました

坂東玉三郎
【玉三郎さんも人知れず病に苦しみました】



東玉三郎さんは、24歳のとき心身症になり、人と話せなくなってしまいました。

売れっ子だった玉三郎さん、そこに至るまでは、超多忙な生活に30ヶ月間休み無しの生活だったのです。

心身ともに、許容量を超えていたというのが自分でも分かったそうです。

そのときにも、仕事は休まず舞台に穴をあけることはありませんでした。

不思議なことに玉三郎さん、舞台にだけは出られました。

ただ、舞台から下りたらもう起きているのもつらく横になり、誰とも話すことができませんでした。



具合が悪くなったのが8月でした。

そこから、9月、10月にかけては、ほとんどご飯も喉を通りません。

そして、11月には25日間で23か所を巡る巡業が控えていました。


玉三郎さんは、これは堪らない、もう無理だと思い、お医者様にお願いをしました。

「この巡業を降りられるよう処方箋を書いてほしい」

と先生に相談をしたのです。

先生の答えは意外なものでした。

↓Facebookのつづきはこちらからどうぞ↓

画像の説明

生は、玉三郎さんにこう言いました。


巡業にお出かけなさい。そして舞台には立ち続けなさい


ただし、もしダメならすぐに帰って来られるように、会社にも代役の準備だけはしてもらいなさい、と付け加えました。

玉三郎さんは、不安を抱えながらも、巡業に出かけました。

巡業に出たら、まさかというほど、まるで憑き物が落ちたように、ニ、三日で症状が治ったのです。

毎日環境が変わって、取り巻いている人間関係も変わったからでしょうか。

各地を転々とする中で、

「あれ、おまえご飯食べているじゃないか」と言われて、

「あ、本当だ」と気がついたのです。

舞台に穴をあけずに病を治されたのは、さすがに玉三郎さんです。


でも玉三郎さんはこう語っています。

「逆に仕事をしていたから治ったんだと思います。先生から処方される薬では治りませんでしたし、先生もそれを感じてらして、仕事せずに家で寝ていても治らないと思ったのでしょう」

玉三郎さんにとって、その後も仕事が来ないという逆境はありませんでした。

ただ仕事が来て、それをこなしきれずに心身がついていけなくなる。

玉三郎さんは、それ以降の三十代、四十代にも同じような症状に陥ったことが何度かありますが、やはり仕事を休むことはなく、転地療法と時間の経過を待つ、という方法で乗り切ってこられました。




感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional