Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

赤塚不二男先生は”タモリ”という原石を発掘した人

赤塚不二男先生は”タモリ”という原石を発掘した人

赤塚不二男とタモリ

モリさんがまだ不遇のころ、漫画家の赤塚不二男先生に厄介になってた話は有名ですね。

別の機会に述べますが、この赤塚先生は、まだタレントの原石に過ぎない人の才能を見抜く達人です。

だから、タモリさんの場合も、むしろ赤塚先生にその稀有な才能を発掘された人と言っていいかもしれません。

漫画家として大活躍の頃の赤塚先生とタモリさんのお話しです。

いずれ、タモリさんが世に出ることが見えていたのでしょうね。

赤塚先生は、タモリさんの一時期の生活の面倒を全てみてあげてました。

かなり贅沢な生活をさせていたようです。

たとえば、4LDKのマンションに住まわせたり、ベンツを好きなように乗り回すのを許したり、お小遣いとして月30万円も提供したり。

やがてご承知のように、タモリさんはテレビ界に無くてはならない存在になりました。

生々流転、赤塚先生の方は、やがて連載が無くなったり、病気が重なったりで、晩年にやや辛い時期を迎えることになります。

そんなとき、タモリさんは恩人赤塚不二男先生にどう報いたか、また赤塚先生は、それにどう応えたか。

↓Facebookのつづきはこちらからです↓

赤塚不二男

モリさんは、やや困窮していると見えた赤塚先生に、次のような申し出をします。

「先生は僕の会社の役員だし、会社の都合もあるから毎月30万円振り込ませてください」

「先生のベンツ、あの乗り心地が忘れられないから譲って下さい、500万円で」

こんなふうに、赤塚先生のプライドを損ねないように配慮しながら、タモリさんはお金の振り込みを実行しました。

しかしながら、赤塚不二男先生が亡くなった時、机の整理をしていた遺族が発見しました。

タモリさんの振り込んだ金額が、そのままおろされずに残っている預金通帳を。

赤塚先生は、マネージャーの方に言ってたそうです。

芸人ってのは食えなくなるときが来るんだよ。そのときには俺がタモリを食わせてやるんだから



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional