Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

お腹がすいてる人には、美味しいものを分かち合いたい

お腹がすいてる人には、美味しいものを分かち合いたい

画像の説明

【お腹がすいてる人には、美味しいものを分かち合いたい】



これは戦後間もないころのお話で、一市民(男性)の方が書かれたものを下敷きにしています。



出先での仕事が終わり、私は近くの大衆食堂に入りました。

店内は少々混んでましたが、一人席が空いており、

私はホッとして腰を下ろしました。

斜め向かいのテーブルに、若くてきれいな母親と、

5歳くらいの女の子が座って、注文の品を待っていました。



やがて運ばれてきたものは、値の張りそうな「天ぷら定食」でした。

ちょうどその時、カラカラと力なく戸が開いて、

異様な風体の親子連れが入ってきました。

父親は顔中ひげだらけ、着ている物はボロボロです。

後ろからついてくる男の子は、5歳くらいで、大きな背広を着せられ、

荒縄で腰のあたりを縛っていました。

その頃は、まだ乞食と呼ばれる人たちがいました。

明らかに乞食の親子連れでした。



店内は、急に水を打ったように静まりかえりました。



その親子連れは、母親と娘の前の席が空いていたので、

そこに腰かけました。



「何を食べるの?」

女店員が、まるで怒ったように、大きな声で尋ねました。

父親は、アル中なのか中風なのか、かすかに身体を震わせながら、

長い時間かけて、ポケットの中から何かを出してテーブルの上に置きました。

10円玉が二つでした。



「おかみさーん、この人達、変なんですから!」

女店員は、すっとん狂な声を出しました。



奥から丸顔の、人のよさそうな40がらみのおかみさんが出てきました>>>

なぜお母さんは席をかわらなかった?

っちゃん!そんな大きな声を出しちゃあ駄目よ」


たしなめながら、おかみさんは、素早く状況を把握したようでした。



「分かったわ。おなかすいてるんでしょう。

 ・・・ちょっと待ってね。今、何か作ってくるからね」

やがて、おかみさんが作ってきた物は、まっ白い山盛りのご飯の上に、

煮付けたイカの足をのせて汁をかけた、不思議な飯でした。

それにタクアンが二切れ、小皿の上に乗っていました。

父親は、ガツガツと食べ始めました。

しかし、男の子はどうしたわけか、箸もとらず、

ただジッと前を見つめていました。

そう、そこには若い母親と少女が「天ぷら定食」を食べている姿があったのです。

その頃には、近くの客は、よそのテーブルに席をかえていました。

裕福そうな母子と乞食のような父子の二組みが、

ひとつのテーブルに座っていたのです。



私は、席をかえようとしない母親の心に関心を持ちました。



その時でした。

少女が海老の天ぷらを一つ、男の子の皿に乗せたのです。

男の子は待っていたように、それを手でつかんで食べました。



女の子がもう一つ乗せた時、母親が愛おしそうに、

わが子の頭をなでてあげました。



そして、母親は、ソッと自分の天ぷらを、わが子の皿の上に乗せ、

まだかなり残っている白いご飯を急いで食べました。


時代が違うので、この母親のあり方について、優越感が鼻もちならないとか、

上から目線とか、そんな見方があるかもしれません。



でも、この時代、たとえば「乞食」と呼ばれる人たちを

差別的に見るのが、ごく普通の市民の目線だったのです。

このような人達を忌避することはあっても、

自分の物を共有する、というのは少数派だった時代でのお話でした。

このお母さんは、意図するしないにかかわらず、

娘さんに、大変いい教育の機会を与えたのだと思います。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional