Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

手抜きをしたくなったら、この話を思い出してください

手抜きをしたくなったら、この話を思い出してください

手を抜くほうが疲れる

【手抜きをしたくなったら、この話を思い出してください】


「手を抜くほうが疲れる」

これは木村拓哉がなにげなく言った言葉です。

でも、このひと言は、日本人の高い倫理性をよく言い得ていると思います。

ちょっと話は堅い方に飛びますが、

旧ソ連時代、1955年のことです。

ウズベキスタンというソ連を構成する一国がありました。

ソ連からの命令が下りました。

「外国人の墓地を更地にして整備せよ」

これに対し、ウズベク人たちは、「ニェット(No!)」と言って従わなかったのです。


なぜか?

なぜなら、そこには日本人の墓地があったからです。

第二次世界大戦において、抑留された日本人兵士たちの墓。

日本兵は、ソ連にとっては敵兵です。

にも関わらず、ソ連の一員であったウズベク人たちは、日本兵士の墓を命がけで守ろうとしてくれたのです。


再び、なぜか?

それはウズベク人たちが、日本人を尊敬する友人として見ていたからです。

彼らは、日本人兵士のスゴサを目のあたりして驚いていたのでした。

シベリアに抑留されていた日本人兵士たちは、日本に帰りたくても帰れない捕虜のようなものです。

絶望と飢えのなかで、抑留生活に本来なら夢も希望も見当たらないはずです。

にも関わらず、日本人たちは、ごく日常の暮らしぶりで、規則正しい勤勉な労働姿勢を彼らに見せていたのでした。


どんな状況でも、手を抜くことをしなかった


その姿に心打たれたウズベク人が多かったのです。

命がけで、そのときの日本人兵士たちの墓を守ろうとしたウズベク人。その判断が全く誤りでなかったことが証明されます。

それが、1966年のことでした。

この建物を造ったのは誰か?

ナヴォイ劇場

1966年、ウズベキスタンの首都、タシケントを大地震が襲いました。

震度8です。

周りの建物が次々に倒壊していく中、無事に残った建物がありました。

中央アジア最高の格を誇り、オペラやパレエ、コンサートなどが上演される「ナヴォイ劇場」です。

瓦礫の山となった周囲一面、しかしナヴォイ劇場は、壁が落ちることも、照明器具が落ちることすらなかったそうです。



「すごい!この建物を造ったのは誰か?」


日本人でした。

しかもシベリアに強制抑留されていた日本人抑留者でした。



「やっぱり日本人はすごかった」



勤勉で規則正しく、確かな技術を用いた日本人抑留者たち。

その働きぶりを真近で見ていたウズベク人。

彼らの感銘はすさまじいものだったそうです。



手を抜かない日本人。手を抜くほうが疲れる日本人。

ウズベキスタンでは、「日本人のようになりなさい」と子どもに諭す母親も現われ、今でも「日本人を見習おう」が合言葉になるほどの大変な親日国家です。

僕ら現役の日本人。サボりたくなったら、先輩たちの仕事をしてきた後ろ姿を思い出すのもいいですね。



参考本:ニッポンのココロの教科書
著者:ひすいこたろう
発行所:大和書房



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional