Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

父の真の姿を目のあたりにして、心に革命が起きた

父の真の姿を目のあたりにして、心に革命が起きた

画像の説明


【父の真の姿を目のあたりにして、心に革命が起きた】

用でM高校へ出かけたある日のことです。

校長先生が、私たち数人を呼び止められて、

「時間がありましたら、お見せしたいものがありますので、

 校長室までお越しください」と言われ、校長室へ案内されました。

校長先生は、引き出しから書類を出し、

「実はある生徒の作文ですが・・・」

と、A少年の経歴を話しながら、作文を朗読されました。

「僕の父親の職業は、鳶職(とびしょく)である・・・」という書き出しから始まり、

内容は、およそ次のようなことが書かれていました。


「父の休日は定まっていなかった。雨の日以外は日曜日も祭日もなく、お定まりの作業服に、汚れた古いオンボロ車を運転して仕事に出かける。

《中略》

小学校の頃、日曜日になると、近所の友達は決まって、両親に連れられて、買い物や食事に楽しそうに出かけて行き、僕は羨ましく思いながら、それを玄関先で見送ったものだ。


はしゃぎまわって出かける友達の後ろ姿をじっと見つめながら、(みんな、立派なお父さんがいていいなぁ)と、寂しくて涙がポロポロ流れたことも幾度となくあった。


中学になる頃には、自分の境遇について、もうすっかりあきらめていた。


たまの休みに、父は朝から焼酎を飲みながらテレビの前に座っていた。

母は、『掃除の邪魔だからどいてよ』と、掃除機で追っ払う。

『そんなに邪魔にするなよ』

父は逆らうでもなく、焼酎瓶を片手にウロウロしている。

『たまには子供と一緒に何かしたら~』と母は言うが、僕は、

『一人の方がいいよ』と言って、父を軽蔑のまなざしでにらみつけてしまう。

父も『お前は、俺とウマが合わないから、遊んでなんかほしくないわな~』と言う。

『濡れ落ち葉という言葉は、貴方にピッタリね・・・粗大ゴミとも言います!』

と愚痴る母に、

『なるほど、俺にそっくりか、ハハハ……うまいことを言うな、ハハハ…』

と、父は受け流して怒ろうともせず、ゲラゲラ笑っている。


決まったようないつもの両親の会話だが、僕も母と同じで、こんな不甲斐ない父親など、いてもいなくても構わないと思ったりもした。


小学校の頃から、小遣いをくれるのも母だったし、買い物も母が連れて行ってくれた。

PTAの会合も母だった。運動会も発表会も来てくれていたし、父がただの一度でも学校を覗いたことなど、僕には記憶がない」



少年は父親に対し、このように尊敬とはほぼ遠い、軽蔑に近い気持を抱いていました。

しかし、その見方はあることをきっかけに、劇的に変わります。

校長の話のつづきをご覧ください>>>

どこのだれよりも男らしい父を誇りに思います

ころがある日、僕は私用で名古屋へ出かけた。ふと気づくと高層ビルの建築現場に、”○○建設会社”と父の会社の文字が目に入った。

これが父の会社か。僕は足を止めて、しばらく眺めるともなく見ていて驚いた。

八階の最高層に近いあたりに、命綱を体に縛り、懸命に働いている父親の姿を発見したのである。

僕は金縛りにあったように、その場に立ちすくんでしまった。

(あの飲み助の親父が、あんな危険なところで仕事をしている。一つ違えば、下は地獄だ。女房や子供に、粗大ゴミとか、濡れ落ち葉と馬鹿にされながらも、怒鳴りもせず、反発もせず、ヘラヘラ笑って返す、あの父親が……)


僕は絶句して、言葉どころか、体が震えてきた。八階で働いている米粒ほどにしか見えない父親の姿が、仁王さんのような巨像に見えてきた」



校長先生は、少し涙声で読み続けました。

「僕はなんという不潔な心で自分の父を見ていたのか。母は父の仕事振りを見たことがあるだろうか。一度でも見ていれば、濡れ落ち葉なんて言えるはずはない。


僕は涙が不覚にも、ポロポロと頬を伝った。


体を張って、命をかけて、僕らを育ててくれている。


何一つ文句らしき事も言わず、たった一杯の焼酎を楽しみに、黙々と働く父の姿の偉大さ。


それにしても、小言しか言えない母の小さな心の薄っぺらさが情けなくなってきた。

どこの誰よりも男らしい父を、僕は今、この目ではっきりと確認し、たくましい父のこの姿を脳裏に刻んでおこう。

そして、素晴らしい父を尊敬し、その子供であったことを誇りに思う」



そして、彼は最後にこう書き結んでいる。

「一生懸命勉強して、一流の学校に入学し、一流の企業に就職して、日曜祭日には女房子供を連れて、一流レストランで食事をするのが夢だったが、今日限り、こんな夢は捨てる。


これからは、親父のように、汗と油と泥にまみれて、自分の腕で、自分の体でぶつかって行ける、そして黙して語らぬ親父の生き様こそ、本当の男の生き方であり、僕も親父の跡を継ぐんだ」と。


読み終わった校長は、

「この学校に、こんな素晴らしい生徒がいたことをとても嬉しく思います。

 こういう考え方を自分で判断することが教育の根本だと思います

 そして、子の親として、つくづく考えさせられました」

としみじみ言いました。

差し出されたお茶は、とっくに冷えていましたが、とっても温かく美味しかったです。


参考本:心に残るとっておきの話(潮文社編集部)



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional