Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

定年間近のある男性のつぶやき

定年間近のある男性のつぶやき

画像の説明

【定年間近のある男性のつぶやき】


二人の娘たちが、それぞれ嫁いでしまった今、

私たち夫婦は、また夫婦二人きりの生活に戻った。

これはことのほか寂しいことである。

先日も妻に言ったものだ。

「定年になったら、ヨーロッパ旅行でもするか」と。



実のところ、私自身は十年ほど前、すでに一人で、

まる三十日間のヨーロッパ旅行をしてきている。

ヨーロッパは、この足で十分に歩いた。

この目で十分に見た。



ところが、不思議な現象が起こった。

帰国後、数年経ってからである。

いつまでたっても、どうも見たはずのものが、本当には見た気がしないのだ。



これはまことに奇妙なことであった。

そう言えば、ヨーロッパの行く先々で、何を見ても何を食べても、

何かが欠けている気がしたことに気づく。



最近になって、どういうことなのかようやく分かった>>>

二分の一を一つにして…

い返すと、こんな気持が湧いてきたのだった。そんな記憶が薄らいでいた。



ユングフラウヨッホの登山電車の窓から氷壁を見た時も、

ヴェルサイユ宮殿の鏡の間に案内されればされたで、

ああ、今、女房がそばにいて、これを見たらどんなに喜ぶだろうか、

そんな感情がこみあげてきたものだった。



そうだったのだ。

私たち夫婦は、いつの間にか、一人で見たのでは、

二分の一しか見たような気がしなくなっていたのだ。

いつの日か、私は二分の一のヨーロッパ旅行を本当の一つにしてみたいと、

その日の来るのを待っている。



私たちのヨーロッパ旅行は、夫婦で歩いて、夫婦で見て、その時はじめて、

本当のヨーロッパ旅行になるのだ。



おのろけととられることを書いてしまい、失礼しました。

参考本:『心に残るとっておきの話』潮文社編集部
    広島県 Tさんの話を下敷きにしています。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional