Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

笑福亭鶴瓶とタモリ、仲が良い?悪い?

笑福亭鶴瓶とタモリ、仲が良い?悪い?

鶴瓶・吉永小百合
【笑福亭鶴瓶とタモリ、仲が良い?悪い?】



福亭鶴瓶という人は、NHKの「家族に乾杯!」でもよく分かります。

ゆったりした間合いで自分のペースに引き込む話芸の達人ですね。

また、自らの実体験を面白おかしくしゃべる「鶴瓶噺」というライブは、
彼のライフワークになっています。

彼がタレント活動をする上で大きな転機になったのは、
「笑っていいとも!」に出演してタモリさんに出会ったことです。

番組に出始めの頃、実のところ、鶴瓶さんはタモリさんの行動にいらだっていたそうです。

彼がとっておきの面白いエピソードを披露しようとするたびに、
タモリさんがすかさず横やりを入れて、話の腰を折ってきたからです。


「なぜあの人は、俺に自由にしゃべらせてくれへんのやろか?」


そう思った鶴瓶さん。後日タモリさんにそのことを問いただしました。

するとこんな答えが返ってきたのです。

その答は、その後の鶴瓶さんのタレント活動に影響を与えるひと言でした。

それは>>>

寄席の難しさと生放送の難しさは当然異なります

タモリ・鶴瓶

モリさんが鶴瓶さんの話しに横やりを入れる理由は、こうでした。


「鶴瓶の話が面白いのはみんな知っている。でも、そこであえて話の邪魔をすることで予定調和が崩れて、マンネリを防げるんだ」


鶴瓶さんは、この話を聞いて衝撃を受けました。

確かに寄席の場ならば、用意した話を客席の空気を察して、小さくアレンジしながら語ります。

しかし、生放送の場ではどうなのか。

用意した話を小さくアレンジするだけではいずれ限界がきます。

わざとちゃちゃを入れるのは、毎日生放送をやっているタモリさんならではの工夫だったのです。

そのことに気づかされた鶴瓶さん、その日からタモリさんを見る目が変わったそうです。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional