Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

プロレスラー上田馬之助、ヒールとしての役割を演じました

プロレスラー上田馬之助、ヒールとしての役割を演じました

画像の説明

【プロレスラー上田馬之助、ヒールとしての役割を演じました】


ロレスラーのヒール(悪役)のお話です。

プロレスは勧善懲悪というか、善玉と悪玉がはっきり分かれていて、

全盛期のころは、善玉が悪玉をこっぴどくやっつけて、

ファンの溜飲を下げていたものでした。


しかし、ある程度ファンの目が肥えてくると、

悪玉の中にも、人間性を感じさせるキャラクターが登場したり、

実力派の悪役レスラーが登場したりと、なかなか見どころが豊富でした。



上田馬之助という悪役(ヒール)のレスラーがいました。

この人は、リング上で、タイガー・ジェット・シンというインドの超悪役レスラーと

コンビを組んで、アントニオ猪木など日本人の善玉レスラーに

さんざん悪さを仕掛けていました。



レフェリーの見えないところでの凶器攻撃や、目を覆うような流血・反則行為。

すっかり上田馬之助は、日本中からの嫌われ者でした。


でも本来は、この人も表舞台の悪役の姿と裏腹に、善良で真面目な性格の人でした。

この馬之助さん、最後は交通事故で車いす生活を送ることになります。

交通事故で瀕死の状態から、不屈のリハビリで回復したのは奇跡的なことでした。

馬之助さんは、自分の体験を活かしたいと、ボランティアで、

交通事故の後遺症に苦しむ人たちへの講演も行っていました。

大阪での講演のとき、一人の老人から激しくののしられたことがありました。


「悪いことばかりしたから、そんな風になったんだ!!」


もうプロレスが出来ない体になった元レスラーに、

そして悪役はあくまで表向きの顔でしかなかったのに、

車いすの大男には、それは酷な言葉だったに違いありません。

それほどに、お茶の間には馬之助さんの悪役が行き渡っていたのです。

馬之助さんは、黙って俯きました。


その時、奥様が付き添っていましたが、

後日、馬之助さんの気持を、実にうまく代弁しています。

そのひと言だけで、深い夫婦関係を感じさせてくれます>>>

悪人冥利につきる

画像の説明

さんの恵美子さんは、その時のことをこう語りました。


「夫を本当の悪人と思いこんでいたんですね。

 昔の人は今より真剣にプロレスを見ていたのです

 裕司さん(馬之助の本名)は内心では、喜んでいた気がします」



2011年の12月に馬之助さんは、71歳で死去しました。

馬之助さんが亡くなったとき、それに東日本大震災があったときも、

真っ先に連絡をくれたのは、なんと極悪コンビの片割れ、

タイガー・ジェット・シンだったとのこと。

亡くなった時などは、ずっと涙声の電話だったそうです。

馬之助さんが亡くなる前夜のことです。

自分の死期を悟ったかのように、

15年以上に渡り、昼夜を問わぬ自宅介護を続けてくれた奥さんにこう言いました。

俺は「上田病院」で暮らせて幸せだった。ありがとう


胸下付随で激痛に耐える日々だったのです。

それでも「幸せだった」というメッセージは、

奥様への深い愛にほかなりません。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional