Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

子供にも競争はつきもの、ならば…と校長は思った

子供にも競争はつきもの、ならば…と校長は思った

画像の説明
【子供にも競争はつきもの、ならば…と校長は思った】

原さんが初めて校長になったのは、新潟県の農村の小学校だった。

就任後まもなく運動会があった。開会と閉会のあいさつを原稿に書き覚えた。  


開会は予定道りに進んだ。

閉会の時に登壇して子供たちを見回したら、胸のリボンが目についた。

一等は青、二等は黄、三等は赤。

一人が三回競技に参加したので、リボンを三つつけて子がいる。

二つの子、おや、リボンの無い子もいる。


 
あいさつはやめた。


「リボンを三つつけている人、手をあげなさい。はい、手をおろして。

 この人たちは大変がんばった人です。その場所にしゃがみなさい。」


「次にリボンをに二つけている人、手をあげなさい。はい、手をおろして。

 次にがんばった人たちですね。しゃがみなさい。」


ここで親達は心配した、と笠原さんは後で聞く。

最後にリボンが無い子が残るはずだからだ。

リボン一つの子たちも「がんばりました。」としゃがませた。

立っているのはリボンの無い子ばかりである>>>

校長先生が心のリボンをあげた

ま残った人は、一生懸命やったけど、

 もうちょっとのところでリボンがもらえなかった人たちですね。

 がんばったことをほめて、校長先生がリボンをあげます。」

「さあ,投げますから、空中で受け取って胸につけて下さい。」と言い、

リボンを投げるまねをした。

立っている子たちはそれを受けとめ、胸につける動作をした。



拍手が起きた。


 
次の年、運動会の直前に訪ねてきた父親がいる。

「うちの子は走るのが遅く、昨年のリボンは初めて頂いたリボンです。

 やめないで下さい」

子供が喜んでいる、という電話もかかり、その年も次の年も続けた。  


「豊かな品物の中で暮らしている子供たちが、

 気持ちだけのリボンを喜んでくれたことが大きな発見でした。」と笠原さんは言う。

この挿話は潮文社編集部編「心に残るとっておきの話」に収録された。


朝日新聞・天声人語・1994.1.29 より



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional