Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

忘れられない小5の時の運動会

忘れられない小5の時の運動会

画像の説明


【忘れられない小5の時の運動会】



日、小6の息子の運動会を見に行って、

息子が自閉症の子と二人三脚をしている姿をみて、

26年前を思い出しました。



当時は、障がいを持つ子もハンディなしで、

皆と一緒に走ってました。



あれは、小5の運動会で100m走の時でした。



1組から6組までの6人が、背丈の順に走るわけですが、

僕は1組、2組は浜田、3組は和田リヨウちゃん。

4組と5組は忘れました。

6組が、体にハンディを持つ子でした。



そして、いよいよ僕たちの番が回ってきました。

距離のハンディは、当然無しで、皆一斉にスタートしました。



ところが、僕がコーナーに差し掛かった頃、

リョウちゃんは、少し前を走っていましたが、突然止まったのです。

その後、リョウちゃんの思いがけない行動に、

運動場の皆がアッと驚きました>>>

歓声も拍手も聞こえませんでした

ョウちゃんは、なんとその場から逆走し出したのです。



僕も走るのを止めて、後ろを振り返ると、

6組の水口クンがコケてうずくまっていたのです。



それを見て、僕も水口クンが倒れている所まで走り出しました。

その時の僕は、こんなことしたら、

先生に怒られるかも・・・と思ってました。



しかし、何と他の組のヤツらも水口クンの所へ駆け寄ってきたのです。



そこでの会話は、たぶんこうだったと思います。



和田リョウ「泣かなくてもイイって、さぁ立てよ」

水口「・・・」

僕「水口くん、僕につかまれ」

水口「ゴメン・・・」

和田リョウ「みんなでゴールしたらええやん」

全員「そうや、そうや」



そして、僕とリョウちゃんは、水口クンの脇を抱え走り出しました。

他の組の4人も一緒にテープを切りました。



ゴールで待っていた先生の中には、

人目をはばからず、涙を流す先生もいて、

「お前ら、よく頑張ったな」と言ってくれました。

僕は内心ホッとしました。



後で聞いた話ですが、その時の歓声と拍手は凄かったらしいです。



僕には、そんな歓声も拍手も聞こえてませんでしたが・・・。



そして夕方、閉会式で、校長先生が目を真っ赤にして、

「先生は、今日の運動会を死ぬまで忘れません」

と言いました。



しばらく後、小学校によっては、ゴール前でみんなが立ち止り、

手をつないで一緒にゴールするようなケースがありました。

そんなケースとは、基本的に違うと思います。



子供たちに、不自然に競争を避けさせるのと、

ハンディある人を皆でサポートするのとは、全然違います。



6年生になり、リョウちゃんは転校してしまいました。



僕が同級生で唯一認めた男、和田りょうじは、今どこで何をしてるのだろう。



夏ごろ、水口クンも大きな病院へ入院してしまい、

6年生の運動会は、リョウちゃんもいない、

水口クンもいない運動会になってしまいました。


確かあの日も、雲一つない快晴でした。



あの日の逆走は、僕にとっても、死ぬまで忘れない出来事でした。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional