Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

子供を置き去りにして逃げるほどヤミ金は怖いのか

子供を置き去りにして逃げるほどヤミ金は怖いのか

画像の説明

【子供を置き去りにして逃げるほどヤミ金は怖いのか】


3年前の話。

俺は当時、金融屋をやっていたんだけど、

いわゆる、ヤミ金と呼ばれる金貸しの下働きだった。



ある夏の日のことだった。

いつものように追い込みかけに行ったら、

親はとっくに姿を消していて、子供が二人置いてきぼりになってた。



5歳と3歳。上は男の子、下は女の子。

俺はまだペーペーで、周りの兄さん達に比べたら、

見かけが怖くなかったのだろう。

家に入り込んだとき、すぐに下の子になつかれた。



ボロボロの服で、風呂にも入ってない様子だった。



「いつから親はいないんだ?」って聞いても答えない。

「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下を向いて泣いた。



下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺を連れて行った。

破れた金網を通って出たところ、そこは>>>

追い込みかけるのが、もう少し遅れてたら…

れた金網を通って出たところ、そこは、小学校の裏庭だった。



「あのね、みーちゃん、これ食べたの」って池を指さす。



嫌な予感がした。

だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでいるんだ。

二人を抱きかかえて家に戻ると、

テーブルに小さいボウルと茶碗。



「お前ら…金魚食ってたのか…」って聞いたら、

「…うん」

すっげーやるせなくて涙が出て、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。

すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。

近くの銭湯で体を洗ってやった。



その後、俺らじゃどうしようもないから、施設に連絡をいれた。

連れていかれる時に「お兄ちゃん、ありがとう」って言ってた。

…全然ありがとうじゃねーよ…

俺たちがお前らの親を追い詰めたのに。



俺を含めて何人かは、この後、仕事を抜けた。



ただ救われたのは、こいつらの親がきちんと出てきたことだった。

その子らの親は、居ても立ってもたまらず戻ってきたら、

子供がいなくなってて、大きなショックを受けたそうだ。



ただし、家のいたるところに連絡先を書いてきたから、

すぐに分かったらしい。

もちろん、連絡先は施設宛てのものだ。

事務所だったらビビって逃げるから。

子供を迎えに行った時に、

自分らのやったことの重大さに気がついたそうだ。



俺はもう足抜けしてたし、気になってたから、

ちょくちょく施設に見に行ってたんだけど、

親が猛烈に反省してくれて良かった。



結局、俺がいろいろ当たりをつけて、職も一緒に探してあげたんだ。

また金魚でも食わせたら、こんどはただじゃ済まねえぞ!って脅しながら。



借金の返済は、まだ残っているだろうけど、すごい働いている様子だ。

参考:2ちゃんねる「ちょっといい話」より




感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional